Dancin' on a Daily Basis

モットーは「(知識の)レベルを上げて物理で殴れ」。趣味ブログといいながらほぼ競馬のみ。そんなブログ。

2022年新種牡馬:ゴールドアクター

こんにちは。高津です。

勝つときというのは全てが勝つ方に転がっていくもので、この馬が4連勝で金星を挙げたときは、すべてが勝つ方に転がったと感じました。

56頭の種付け・46頭の産駒登録がなされたゴールドアクターについて、考察していきます。

※アイコン写真は『ゴールドアクター(Gold Actor) - 優駿スタリオンステーション種牡馬展示会2021 - YouTube』より転用しています。

種牡馬データ

2011年5月18日生

新冠・北勝ファーム生産

繋養先:新冠優駿SS

種付け料:受胎条件50万円(フリーリターン特約)、誕生条件70万円

 

血統(配合種牡馬

 

スクリーンヒーロー

グラスワンダー Silver Hawk
Roberto
Hail to Reason
Bramalea
Gold Digger Nashua
Sequence
Ameriflora Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Graceful Touch His Majesty
Pi Phi Gal
ランニングヒロイン サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ダイナアクトレス ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
モデルスポート モデルフール
マジックゴディス
ヘイロンシン
キョウワアリシバ
Raise a Native
Sweet Tooth
Bel Sheba
Lt.Stevens
Belthazar
Sulemeif
Nearctic
Natalma
Barely Even
Creme dela Creme
Dodge Me
ハッピーヒエン
マナード
Captain' s Gig
Turn-to
Make Sail
Slipstream
Sing Sing
Palestream
ブゼンフブキ
セダン
Prince Bio
Staffa
トサクイン
トサミドリ
ミアンダー

 

父:スクリーンヒーローグラスワンダーSilver HawkRobertoHail to Reason→Turn-toRoyal ChargerNearco

母:ヘイロンシン

母父:キョウワアリシバAlyshebaAlydarRaise a NativeNative Dancer

祖母父:マナードCaptain GigTurn-toRoyal ChargerNearco

三代母父:セダンPrince Bio→Prince RoseRose PrincePrince PalatinePersimmonSt.Simon

四代母父:トサミドリプリメロBlandfordSwynford

 

ファミリーライン

4代母トサクインは43戦16勝の成績を残した日本産馬です。その仔にホウシュウリッチ('73 神戸新聞杯・T2000m)がいます。

3代母ブゼンフブキは10戦1勝の日本産馬です。その仔には目立った活躍馬はいません。

祖母ハッピーヒエンは1戦0勝の成績を残した日本産馬です。その仔には目立った活躍馬はいません。

ヘイロンシンは28戦2勝の成績を残した日本産馬です。ゴールドアクター以外に目立った産駒はいません。

 

牝系は1-p族に属しており、同じ牝系には”レーヴ一族”やアヴェンチュラの一族がいますが、7代遡ってようやくほかの活躍馬のいる他の枝につながる繁栄度の高くない枝です。

 

同配合馬

Roberto系種牡馬×Raise a Native牝馬の組み合わせからは、Sweet Roberta父Roberto×母父Majestic Light、D8.5F・米GII)、Slightly Dangerous父Roberto×母父Raise a Native、フレッドダーリングS・T7.27F・英GIII ウォーニングコマンダーインチーフの母)が出ています。

代を経て他の系統と混雑が進んでいるものを「〇〇系」と括ることに違和感は覚えますが、「約束事」としてご勘弁ください。

祖父グラスワンダーは三代母の父にRaise a Nativeを持っており、Rase a Nativeの5×6が形成されています。見ようによっては祖父の再現配合といえそうですが、私は否定的な立場です。

 

戦績

2013年(2歳)2戦0勝 

2014年(3歳)7戦3勝 未勝利、ゆりかもめ賞(500万下)②、山吹賞(500万下)②、青葉賞④、500万下、支笏湖特別(1000万下)、菊花賞GI)③

2015年(4歳)4戦4勝 洞爺湖特別(1000万下)、オクトーバーS(1600万下)、アルゼンチン共和国杯GII)、有馬記念GI

2016年(5歳)5戦2勝 日経賞GII)、オールカマーGII)、ジャパンカップ④、有馬記念

2017年(6歳)6戦0勝 日経賞GII)⑤、宝塚記念GI)②

キャリア計  24戦9勝

 

美浦中川公成厩舎で競走生活を送りました。

厩舎の初重賞・初GI勝利をもたらした功労馬です。同時期には牝馬・マイル戦線で活躍したマジックタイムが厩舎に在籍しましたが、残念ながら次の世代に目立った活躍馬は出ませんでした。

スタートの上手さと逃げ直後~中団前めに位置取る器用さで勝負したスピード系の競走馬と解釈しています。反面、コース取り、位置取りを利用してギリギリ残す勝ち方が多かったことから、絶対的な能力にはやや劣ると見ています。有馬記念は相対的な要素が勝つ方に噛み合った結果で、"本物"ではありますが、そのあたりが微妙な人気に留まっている原因なのではないかと考えます。

 

考察

同じスクリーンヒーロー産駒でGI馬も送り出したモーリスと血統表を見比べると、BlandfordとPrince Roseを共通して持っています。あとはAlysheba×Northern Dancerか、モガミ+カーネギーの違いになると考えます。持っている系統が今の日本で持っている馬があまり多くないと考えられる上、牝系も繁栄度が高くないので、ニアリークロスなどの捻った手はスクリーンヒーロー側に頼ることになりそうです。

次に、3親等内に活躍馬のいる馬を列挙します。

ラズライトサナ | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母タフグレイス('02 中山金杯2着)、サマーセール275万円で原昌久氏に落札

エフティアクトレスの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

祖母プライムステージ('94 フェアリーS)。ボトムラインを介した全姉妹クロス、サマーセール275万で三浦勝仁氏(神奈川県馬主協会)に落札

オグリピンキーの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

祖母オグリローマン('94 桜花賞)、サマーセール165万円で山下良子氏に落札

グッドプリンの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母スエヒロジョウオー('92 阪神3歳牝馬S)、サマーセール330万円で仲谷善彰氏に落札

シェイクラブハートの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母タレンティドガール('87 エリザベス女王杯

チアズフィアレスの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母英リステッド3着、サマーセール605万円で田中成奉氏に落札

ラックアサインの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母キョウエイコロナ('93小倉2歳S2着)

リャクダツアイの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

おじモーリス(GI6勝)

レッドペルルの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母ノースフライト('94 安田記念)、サマーセール660万円で田頭勇貴氏が落札

アウロラプラネットの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

祖母グリーンプラネット('01 中山牝馬S2着)

ウォーターウェイの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母米GI勝ち

キタサンラブソングの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

祖母伊重賞3勝

グローバルリーダーの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

母地方重賞勝ち

ゴールドエルフの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

祖母グローバルリーダー('05 ロジータ記念

サニツの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母英GIII勝ち

セイカアルテナの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母米GII勝ち、ボトムラインを介した牝馬インクロス

ドラゴンラッシュの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母愛リステッド勝ち

プリンセスレジーナの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

祖母マイネレジー('99 クイーンS2着)

マルカシャルダンの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

祖母マルカサワヤカ('03 北九州短距離S3着)

ヤマイチジャスミンの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

三代母米GIII2着

 

ピックアップ馬は4頭を挙げます。

アビスの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

アビスの2020は母父ダイワメジャーが父SS×母父NTで近似形をなしており、凝った配合を持っています。

クヴァルダの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

クヴァルダの2020ボトムラインを介したモデルスポートのインクロスを持っています(父系祖父の三代母と四代母が一緒)。これはオカルト配合に該当します。

ゴールドグローリーの2020 | 競走馬データ - netkeiba.com

ゴールドグローリ―の2020は祖母ハチマンダイボサツが中央OPまで出世の後、地方に転出した同オーナー馬です。母ゴールドグローリーは未勝利勝ちがあり、繁殖牝馬の実績としては十分と考えます。牝系論的には期待したい1頭です。

マオノアラシ | 競走馬データ - netkeiba.com

マオノアラシは母父ヴァーミリアンの母スカーレットレディと父系祖父の母ランニングヒロインが父SS×母父NTで近似形をなしています。SSの3×4のインクロスは標準的です。

以上、2022年新種牡馬ゴールドアクター編でした。