Dancin' on a Daily Basis

モットーは「(知識の)レベルを上げて物理で殴れ」。趣味ブログといいながらほぼ競馬のみ。そんなブログ。

【全2回】次代のスマッシャーをさがせ?! 導入コスト低めな募集馬紹介【後編】

こんにちは。高津です。

前編に続いて、募集総額が1000万円以下の一口馬を紹介していきます。

※募集総額のデータは2021/6/20時点で調査したものに基づいています

グラマトフィラムの2020

総額:800万円

口数:200口

父:キズナ

母父:クロフネ

f:id:MakiTakatsu1990:20210705111859p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

キズナは次代のリーディングサイアー候補と目されているアベレージの高い種牡馬で、同じ父×母父を持つ馬にはクリスティ('21 六甲S・Listed・T1600m)がおり、重賞制覇も時間の問題です。牝系に重ねられている種牡馬からは中距離あたりでの活躍の可能性が高いと考えています。4代母のキングオブダービーNijinskyキズナの母父Storm CatScat Daddyの持つ組み合わせです。スピードが生きてくる配合に映ります。

 

カラフルロマンスの2020

総額:800万円

口数:200口

父:レッドファルクス

母父:タイキシャトル

f:id:MakiTakatsu1990:20210705113502p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

レッドファルクスの考察記事では記述を忘れたのですが、レッドファルクスの祖父母父であるNorthern Dancer産駒Dance Spellの血をどう生かすかが配合のキモと考えています。祖父母4頭で血統を4分割して見た際に、3/4でNorthern Dancerの血脈が挿入されており、かつCaerleonノーザンテーストと、父系を形成した種牡馬で固められているのが強みと取れます。

牝系はオーストラリアにルーツを持つ古い系統で、1953年の天皇賞・秋を制したクインナルビーを経由してオグリキャップ('90 有馬記念GI・T2500mなどGI4勝)を出し、その半妹オグリローマン('94 桜花賞GI・T1600m)が紡いできた血統です。クインナルビーの快挙から32年を経て生を受けたオグリキャップ、その誕生から36年を経た今、"再来"が生まれてくる気がしてなりません。

 

ピッパレジーナの2020

総額:800万円

口数:200口

父:ダンカーク

母父:ゴールドアリュール

f:id:MakiTakatsu1990:20210705115740p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

大雑把に見て、父と母父をひっくり返した形の配合にはレッドアルヴィス('14 ユニコーンSGIII・D1600m)がいます。

牝系はトウカイテイオーなどがいる、アメリカにルーツを持つ"星"の系統です。ゴールドアリュールNijinskyを介したNorthern Dancerのクロスを持つ馬は芝に適性を見せることが多いという特徴があり、本馬はNijinskyを経由しないもののNorthern Dancerのクロスを持っており、芝向きに出る可能性があります。父も芝に適合する産駒は出ており、芝向きの産駒が出る可能性もありそうです。

 

ダイワチャームの2020

総額:700万円(地方募集)

口数:100口

父:バトルプラン

母父:フジキセキ

f:id:MakiTakatsu1990:20210705135538p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

父はエンパイアメーカーの人気を受けて輸入されたものの、中堅の域を出られていない印象のあるバトルプラン、牝系は3代母の産駒に北米リステッド勝ち馬やGII2着馬が目立つ程度で、日本に適合し切れているとは言えなさそうです。父×母父の組み合わせはソーディスイズラヴ('17 はまなす賞・地方重賞・T1600m)が出ており、地方での適性はありそうに映ります。

 

フィーリンググーの2020

総額:800万円(地方募集)

口数:200口

父:コパノリッキー

母父:セイントアレックス

f:id:MakiTakatsu1990:20210705145510p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

父はポスト・サウスヴィグラスの候補と見なされているコパノリッキー、牝系は地方色が強く、アフリートの4×5、アサティスの4×4と珍しいインブリードを持っています。その甲斐(?)あってか、母は地方重賞で入着経験を持っています。

父産駒は初年度産駒がホッカイドウ競馬で勝ち上がり馬を早期に出す順調な滑り出しで、明け3歳から脱皮するように強くなった父とは違い、仕上がりの早さを備えているようで、これは新馬戦のスタートが早い地方入厩では大きな武器といえるでしょう。

 

オースミハナチャンの2020

総額:800万円(地方募集)

口数:200口

父:ビーチパトロール

母父:ハーツクライ

f:id:MakiTakatsu1990:20210705151806p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

父は2020産が初年度産駒になる新鋭種牡馬、牝系はいとこにナリタパイレーツ('13 すみれS・OP・T2200m)がいる系統です。Kingmambo系は競走生活の拠点を問わず、キングカメハメハ以外は成功とはいえない状況が続いており、その警戒感が初年度109頭の頭数に現れている印象があります。しかし、祖母のオースミリンドと3代父のKingmamboは血統構成が近似しており、それが起爆すれば活躍馬を出し得るでしょう。

 

ルミナーラの2020

総額:800万円(地方募集)

口数:200口

父:ラニ

母父:ヴィクトワールピサ

f:id:MakiTakatsu1990:20210705161935p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

父は2019年生が初年度産駒の新鋭種牡馬で、牝系はおじにアンビシャス('16 大阪杯GII・T2000m)、近親にニシノアカツキ('14 フェアリーSGIII・T1600m)がいる系統です。最近のトレンドになりつつあるサンデーサイレンスの3×4に薄いクロスを重ねるベストトゥベストに近い配合の印象があります。初動こそ種牡馬同期のコパノリッキーに後れを取ったものの、父オーナー所有の産駒はこれから始動といったところで、本領はまだ発揮されていないと見ます。本馬もフィーリンググーの2020よりは始動は遅くなるかもしれませんが、未勝利戦の後も充実している地方競馬なので、心配は不要でしょう。

 

スウィートラブミーの2020

総額:900万円

口数:200口

父:ヴィクトワールピサ

母父:キングズベスト

f:id:MakiTakatsu1990:20210705164245p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

3代母からクラブにゆかりある血統で、父はトルコへの売却が決定、輸出がすでに行われており、2021年産が日本産馬最終年の産駒となります。堅実に走る産駒を出す牝系ですが、Northern Dancerの血の集中も母側の祖父母に留まるなど、ややパンチ力不足に映りますが、Mr.Prospectorクロスが作用すればスピード豊かな産駒が生まれてくることでしょう。

 

ボムシェルの2020

総額:900万円

口数:200口

父:ネロ

母父:キャプテンスティーヴ

f:id:MakiTakatsu1990:20210705165442p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

父はスプリント重賞2勝馬で、2020年産が初年度産駒です。祖父は海外でScat DaddyJustifyNo Nay Neverなどと繋がる数=力ではないラインです。祖父母で血統を4分割した際、3/4にNorthern Dancerが入っているなど、"緊張と緩和"理論に当てはまります。薄いクロスが重ね掛けされて活性化も図られています。

 

ラプンツェルの2020

総額:900万円

口数:200口

父:タリスマニック

母父:デヒア

f:id:MakiTakatsu1990:20210705172741p:plain

出典:血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

父は2020年産が初年度産駒の新鋭種牡馬です。近親には地方重賞5勝を挙げたストーミーワンダーのいる牝系です。血統表を祖父母で4分割した際には3/4にNorthern Dancerの血が挿入されており、”緊張と緩和”理論には当てはまっています。

 

以上、、導入コスト低めな募集馬 後編でした。