日々、週末に踊る

アラサー競馬狂チャリ乗りの日々やら考えたことが集積されていきます

10/18 注目馬振り返り

こんにちは。高津です。

さて、今回は10/18に実施されたレースをピックアップして振り返っていきます。

東京1R 2歳未勝利 芝・1400m

ロンドンネス北村宏司騎手)は8着でした。

距離短縮が裏目に出ました。前走はそれなりに追走できましたが、1400に短縮したことで追走が苦しくなりました。馬場の影響も指摘できるでしょう。

良馬場で再度見たいですね。

 

新潟2R 2歳未勝利 芝・1200m

サニーオーシャン菱田裕二騎手)は1着でした。

10/4の振り返りに登場した馬の再登場・勝ち上がりです。

テンの速さに面食らって中団からの競馬になりましたが、上手く対応してくれました。10/10の最終レースが1勝クラスで、勝ち時計1.09.3で、サニーオーシャンは1.09.6で走り切っています。十分通用の水準と見ます。次走も継続して注目です。

 

新潟3R 2歳未勝利 芝・1600m

ジャッカル菱田裕二騎手)は3着でした。

直線平坦だけでなく、コース全体で起伏の少ない新潟コースはこの馬にぴったりなのでしょう。走破時計1.35.5は1勝クラスで戦うにはパワーアップが必要ですが、未勝利勝ち上がりのボーダーラインにはあると見ます。次は阪神か、福島かというところでしょうが、右回りのレースに慣れも必要と見ます。

 

京都4R メイクデビュー京都 芝・1400m(内回り)

マコトヴァンセンヌ(▲泉谷楓真騎手)は12着でした。

というところで、レース前から「競走馬キャリア全体を考えたとき、新馬未勝利までは折り合いの我慢や馬群に慣れる競走馬としての教育が重要であり、いくら上手いと言っても新人騎手に委ねるべきではない」という考えを強固に持っていますので、ああいうツイートになります。この辺りは岡部幸雄さんの著書で読んだダイナアクトレスの逸話を真に受けている部分はありますが、力のない馬だからこそ、目先の勝ちではなく教育とキャリアを考えてやってほしいと思っています。

ともあれ、ゲートをポンと出たこと、気合をつけられてしっかり先行できたことは短距離馬として資質を備えていることを示唆していました。次は陣営の望み通り、パンパンの馬場で見てみたいですね。

 

新潟5R メイクデビュー新潟 ダート・1800m

へブンリギフト(☆斎藤新騎手)は1着でした。

厩舎関係者が「えらく吹くなあ…」というようなコメントを出していて、注目しました。勝ち時計は38.8-39.7-37.5/52.7-13.0-50.7=1.56.0で、前半スローから後半勝負というようなラップでした。昇級戦はもっと入りが流れることになるでしょうし、対応力と真価が問われます。 

 

東京5R メイクデビュー東京 芝・1800m

カタラズ柴田大知騎手)は6着でした。

38.9-39.4-34.1/52.3-13.1-47.0=1.52.4の勝ち時計の中、出遅れながら推定34.1の上りを使えたことは収穫でした。五分ならもっと際どかったでしょう。次走は高速馬場への対応が問われます。産駒傾向的に難しいでしょうが…

 

京都5R メイクデビュー京都 芝・2000m

グロリアムンディ福永祐一騎手)は1着でした。

調教タイムを見ての注目です。2歳馬なら4F54秒なら御の字、53秒台もなかなかいない中、52秒台を叩き出していたので、「これ重馬場も大丈夫ちゃうん」と軽いノリでしたが、とんでもない馬でした。

追走できてるのか出来てないのかよくわからない位置で脚を溜め、他馬が押し上げて行っても我慢、ゴーサイン出た瞬間、風切り音が聞こえそうな加速で差し切ってしまいました。

64.6-61.2=2.05.8と時計面は平凡でしたが、上がり4F48.4の中を後ろ目の位置取りで差し切ってしまうのだから相当な逸材と見ます。

食らいついたダノンハイファイブも未勝利は確勝級でしょう。

一昔前は菊花賞デーの中距離新馬が「期待馬の見本市」でしたが、今年は秋華賞デーだったのかもしれません。

 

東京6R 3歳上1勝クラス ダート・1300m

スリーヘリオス柴田大知騎手)は5着でした。

「スタートが良かったので、下げることもないと思って…」という戦後コメントが聞こえてきそうですが、差してくるけど届かなくて白目剥きたかったのに、先行してポケット入れたはいいけど、外出せなくて踏み遅れて何とか掲示板確保は見てる側としてはモヤモヤします。広いコースは向きだと見ています。東京なら上手く展開ハマってくれるはずですが…

 

京都6R 3歳上1勝クラス ダート・1800m

ワイドソロモン福永祐一騎手)は3着でした。 昨年のPOG指名馬です。

昨日はOPクラスの逃げ馬が47.5-12.5-48.1=1.48.1で逃げ切っていましたが、ワイドソロモンの推定時計は46.8-12.8-51.1=1.50.7。雨は上がって水分が抜けて行ったことを考慮しても速い時計ですね。これでは残れません。しかし、もっと大バテしていいところを0.6秒差6着に踏ん張ることが出来ました。掲示板確保には失敗しましたが、そう悲観する内容ではありません。阪神での巻き返しに期待しましょう。

 

京都8R 3歳上2勝クラス ダート・1800m

キングレイスター小牧太騎手)は5着でした。

6Rで小牧騎手の捌きにひっくり返ってましたので、乗ってみました。外枠からでしたが、いつの間にか最内を確保して、勝負どころもインベタ一本槍。とにかくロスなく乗る! という執念すら感じる騎乗でしたが、及びませんでした。

勝ったエイシンアメンラーも何かと話題になるAmerican Pharoah産駒で、注目馬ではあったのですが、前走小倉でプレッシャーをかけられて派手に飛んでいたので、疑う部分もあり、満足度は高いだろうとこのチョイスになりました。馬券的には間違いでしたが。

 

京都9R もみじS(2歳OP) 芝・1400m(外回り)

ジャカランダレーン福永祐一騎手)は3着でした。POG指名馬です。

レース後も福永騎手が「最後100mで伸びきれない」とコメントを出されていました。

 

keiba.radionikkei.jp

馬体がまだ成長していない部分、精神的な未熟さ、いろいろ要因は指摘できますが、未完成でも強い馬は勝ち上がっていきます。それが本馬には足りていないのでしょう。

先週のりんどう賞に回っていたとしてもサルビアに先着できたとは思えません。福永騎手も問題なくサルビアを選択していたことでしょう。

現状のままクラシックを戦うのは不可能ですし、辿り着くことさえ困難だと断言できます。厩舎力が問われている状況と見ます。彼女を応援することに変わりはありませんが、厳しい戦いが続きそうです。

 

新潟10R 稲光特別(3上1勝C) 芝・1000m(直線)

ストームハート(岩田望来騎手)は9着でした。

TLで時たま見かけている馬で、テン速かったなーなんて思いつつ乗ってみたのですが、内枠が災いしました。外に出しながら出しながらの走りで、距離損もありました。

ダート短距離の方が向きそうには見えました。

 

東京10R テレビ静岡賞(3上3勝C) ダート・1400m

イメル(武藤雅騎手)は3着でした。

いい感じに運べている印象でしたが、今一つ伸びきれませんでした。

入りの3Fは12.5-10.8-11.5=34.8と、前走と同タイムでしたが、前走は12.4-11.0-11.4と平均的なラップで、その分余力が削られていたのでしょう。とはいえ昇級戦の内容としては合格点でしょう。

 

新潟11R 信越S(3上OP・L) 芝・1400m(内回り)

プールヴィル鮫島克駿騎手)は4着でした。 

得意コースでしたし、外枠の方がスムースにレースできると見ていましたが、外を回った分最後に厳しくなりました。1、3着馬は内を割って出てきましたし、2着馬は逃げ。内枠の方が良かったですね。

 

京都11R 秋華賞(3歳OP・GI) 芝・2000m(内回り)

ソフトフルート藤岡康太騎手)は3着でした。

サラブレッド・VTuberの配信で「決め手はある」と主張していましたが、見事にやってくれました。賞金加算はしていないので、条件クラスでも狙えそうです。

 

以上、10/18の注目馬振り返りでした。