Dancin' on a Daily Basis

アラサー競馬狂チャリ乗りの日々やら考えたことが集積されていきます

10/17 ピックアップ振り返り

こんにちは。高津です。

さて、今回は10/17に実施されたレースをピックアップして振り返っていきます。

京都1R 2歳未勝利 ダート・1800m

ガノタイリン国分恭介騎手)は4着でした。

レース前日に見つけてテンション上がってますね。見つけたきっかけはバーッと出馬表を眺めて、前走先行している馬だったからなのですが…

レースはゆっくり目のスタートから追走に苦労している印象で、これはかなり厳しいか…? と思いましたが、最後の直線は差を詰めて、3着までもう少しのところでの入線でした。前走は1900mみたいなタイムでしたが、今走は大幅に時計を詰めることが出来ました。しかし、未勝利突破にはメンバーに恵まれないと難しいかなあという時計でしたし、牝馬限定のダート中距離で戦ってどうかなあ、という印象です。

 

京都2R 2歳未勝利(牝限) 芝・1600m(内回り)

リナーシェ小牧太騎手)は8着でした。

厳しい言葉が出ていますし、厳しいと思っています。溜めた分だけ脚は使える馬だとは思いますが、距離を伸ばしても追走が出来ない点が壁になっていると思います。

 

京都3R 2歳未勝利 芝・2000m

ロードラスター川須栄彦騎手)は7着でした。まとまくPOG指名馬です。

いつかの新馬戦で2着になった馬でしたが、馬場にも祟られて敗退となりました。馬場に敗因を求めるのが普通かなと思います。

 

京都4R メイクデビュー京都 ダート・1400m

ラッキーモー福永祐一騎手)は1着でした。

 

調教時計は速くありませんでしたし、スタートで後手を踏み、ペースについていけないような素振りが見え、「ダメな人気馬かな?」と思いましたが、エンジンがかかってからの伸びは素晴らしかったですね。友人にも「おめでとう!」とメッセージを送ったらとても喜んでいました。

伸びしろの話ですが、現状馬体重430kg程度で小柄ですし、ギャロップの際はやや頭が高く、首を使ったフォームにも見えませんでした。馬具の工夫や馬体の成長でこれらは解消されてくると思います。乾いたダートでの走りも確認したいところです。首尾よく新馬勝ち上がりを決められましたが、米国産馬というイメージよりはずっと晩熟かもしれません。

 

京都5R メイクデビュー京都 芝・1800m(外回り)

パフドラム福永祐一騎手)は9着でした。

 

かなり怒ってますね。まあ怒ってたんですが。

現役時代を知っているだけに、ロードカナロア産駒が距離持つのが未だに信じられないのですが(いつも言ってる)、祖父がキングカメハメハだと考えれば不思議ではありませんし、ましてや母の父がスタミナお化けのダンスインザダークなら距離も持つのでは、と思いました。結果は「距離か馬場かわからない」でした。全然進んでいかず、鞍上の福永騎手が押したり叩いたりするのを眺めながら、「そういやダンス産駒って重馬場こなせる産駒あんまりいなかったなー」なんて思っていました。ツルマルボーイは雨の安田記念勝ちましたが。

 

 

新潟6R 3歳上1勝クラス ダート・2500m

セロシア(西村淳也騎手)は5着でした。

放言放題という感じですが… 距離伸ばしても何してもダメですね。頭がいいのか、手を抜くすべを覚えてしまっているというのか… 関係者の方も努力して下さっているのでしょうが、なかなか実を結ばないのは苦しいですね。馬券にはなっていませんが、自分の食い扶持は咥えて帰ってくるという意味では馬主孝行な馬です。たまにはお金くれ

 

京都6R 3歳上1勝クラス ダート・1900m

ドスハーツ(森一馬騎手)は3着でした。 

ツイートした後に調べましたが、京都競馬場の改修工事自体は2020年11月から2024年4月までで、開催休止は23年4月までのようですね。今3歳のドスハーツは5歳まで京都で走ることはありません。レース自体はロスなく運べていたと思います。あと一押しです。

 

東京6R 3歳上1勝クラス ダート・1400m

ネヴァタップアウト津村明秀騎手)は6着でした。

勝ちに動いた結果馬券外に敗退、というのはよく褒められている光景ですが、その場の馬券だけを考えたらひどい話だとは思います。2.8倍の1番人気ではありましたが、過剰評価だったと思います。POG期間内から決め手の甘さが再三見て取れ、それを補うための積極策、距離延長でしたし、再度距離を詰めればその分甘さも目立ってくるのかもしれません。ショームデアフルーグのような決め手勝負は難しいとしたら、乾いた先行有利の馬場で地脚勝負に持ち込むのが突破のヒントなのかもしれません。

 

京都8R 3歳上2勝クラス(牝限) 芝・1800m

サウンドレベッカ藤岡佑介騎手)は2着でした。

 2走前の勝ち上がりから急激に軌道に乗ってきた印象ですが、牝馬限定で通用しました。馬券としては勝ってほしかったですが、相手は世代重賞で掲示板を確保した馬でもありますし、最上の結果だったと思います。

 

京都10R 清滝特別(3上2勝C) 芝・1800m(外回り)

メイショウボサツ(坂井瑠星騎手)は8着でした。

 

ほんと坂井瑠星騎手とは相性悪いですね。あと距離も不足だったかもしれません。

 

京都11R 太秦S(3上OP) ダート・1800m

ベストタッチダウン岩田康誠騎手)は1着でした。

今週初めの想定を見た所感は以下のようでした。

レース中は以下。

スピードを生かせる馬場だったのが一番大きかったように思います。先手を取れればこれぐらいできるということなのでしょう。

 

東京11R アイルランドT府中牝馬S(3上OP) 芝・1800m

フェアリーポルカ和田竜二騎手)は8着でした。

敗因探すのって難しいんですよね。メンバーはそんなにレベル上がってる気もしないので、よくわかりませんね。 

 

京都12R 3歳上2勝クラス 芝・1400m(外回り)

トオヤリトセイト福永祐一騎手)は1着でした。

 

 ようやくの勝ち上がりでした。

出遅れ癖がついてしまったことが出世遅れの原因ですが、出遅れがなければいずれ上のクラスでも通用する馬です。昇級戦が今から楽しみですね。

 

東京12R 3歳上2勝クラス ダート・1600m

クレッセントムーン(M.デムーロ騎手)は12着でした。

クラスで通用の経験もありましたし、枠的にも良く狙い目と思いましたが、外を回されてあえなく撃沈となりました。

勝ち馬のマックスについては以下。

 

 

以上、10/17の注目馬振り返りでした。