Dancin' on a Daily Basis

モットーは「(知識の)レベルを上げて物理で殴れ」。趣味ブログといいながらほぼ競馬のみ。そんなブログ。

10/3 ピックアップ振り返り

こんにちは。高津です。

一人暮らしで話し相手がいないので、YouTubeを見て過ごすことが多いのですが、見れば見るほどYouTubeですら仲間の多い人と自分の孤独加減が浮き彫りになって精神に異常をきたしそうになっています。

羨ましがってみたところで、もともと人づきあいが上手ではないので孤独だということがまだ自覚できていないんだな、と思っています。

10/3に実施されたレースをピックアップして振り返っていきます。

 

中京1R 2歳未勝利 ダート・1400m

リナーシェ柴山雄一騎手)は11着でした。

まだ寝ていたので、ツイート引用はなしです。

走ってきたはずの芝でのダッシュで遅れ、脚元がダートに変わってからは千切れてしまい、ブービー追走の道中でした。直線に入って一瞬伸びましたが、内埒と馬の間に入ると止まってしまったような印象でした。適条件がよくわかりません。

 

中山2R 2歳未勝利 ダート・1800m

カーラミーア横山和生騎手)は10着でした。ユニオンオーナーズクラブの馬です。

 戦前は

と言っていましたが…

ゲートを決めて前めに付けて、離れた前を追いかける展開でしたが、4角手前で苦しくなり、バテながらの後方入線になりました。

兄がダート中距離路線で活躍したマイネルクロップだけに、条件は合うと見ていたので、意外でした。レース後も「1800は長いかもしれない」と見解が出ており、適条件探しの旅が続きそうです。

 

中山4R 2歳未勝利 芝・2000m

コスモオニアシゲ宮崎北斗騎手)は13着でした。

荒れ馬場向くんじゃないかなー、と思っての購入ですが、スピードが足りない気がします。どう考えて乗っているのか、騎手に訊いてみたいです。

 

中山5R メイクデビュー中山(牝馬限定) 芝・1600m

ベストシンガー石橋脩騎手)は6着でした。

母レッドラヴィータを見かけて、「懐かしいな~」なんて思いながら見ていました。母は半兄にレッドデイヴィスアグネスタキオン、'11 鳴尾記念阪神T1800mほか重賞3勝 ※騙馬)、おじにデルタブルースダンスインザダーク、'04菊花賞・京都T3000m、'06メルボルンC・豪フレミントンT15.9Fなど)がいる良血です。高津が競馬場に行き始めた当時はアグネスタキオンがリーディングを獲得、名種牡馬としての立場を確立しつつあり、応援していたスペシャルウィークは産駒の打率の高さでは対抗し切れておらず、レッドデイヴィスがのちの三冠馬を負かしたり活躍したのを見た後、スペシャルウイーク産駒の母がなかなか勝ち切れないところを見て、「これがタキオンとスぺの差か…!」と歯噛みしていましたが、そんなことを思い出して「懐かしいな~」とノルタルジーに浸っていたりしました。昔話長いぞ老

以下ツイート引用↓

ついでに、レースぶりが気になった1着シャドウファックス、3着グランパラティーについても引用しておきます。

シャドウファックスはスタートセンスがよく、上手くレースを進められました。グランパラティーは道中折り合いを欠く場面があり、最後よく詰めていることを考えるとこのクラスはすぐ卒業できるのではないでしょうか。

 

中京5R メイクデビュー中京 芝・2000m

メイショウテイダー岩田康誠騎手)は9着でした。

なんで買ったのかあまり覚えてませんが、中京芝2000は外枠の方がいいとかそんな理由だった気がします。あと、ゴールドシップ産駒は1800mが強いので、2000mは割引だったかもしれません。ある程度の位置でついていきましたが、伸びずにやや位置を下げてのゴールでした。

 

中京6R 3歳上1勝クラス ダート・1900m

ドスハーツ岩田康誠騎手)は5着でした。

青森で種牡馬生活を送るウインバリアシオンの産駒です。

 枠は外で成績は悪くありませんでしたが、差しが向くコースではありませんので、追い込み一手のこの馬には厳しいかなあという思いもありました。

結果としては大勢決まる後方で掲示板争いに留まりましたが、コース替わりで面白いのではないでしょうか。

 

中京7R 3歳上1勝クラス 芝・1600m

ノルカソルカ藤岡佑介騎手)は1着でした。

初勝利まで4戦を要しましたが、勝ち上がってすぐアーリントンCに挑戦したように、もともと期待値は高かったのだと思います。能力の蓋が外れかかっている感があります。

 

中山7R 3歳上1勝クラス ダート・1800m

インナーアリュール(▲原優介騎手)は4着でした。

 と馬主さんはおっしゃっていますので、しばらくお休みのようです。

前走は勝ち馬が前を潰してくれて突っ込んで来れましたが、前が流れて離されれば追いつくために使う脚は多くなりますし、前半楽なペースであれば離されないかもしれませんが、前の馬も脚を温存できるので、また厳しくなります。ドキドキは大きくなりますが、後方からの馬はいつ走るかのジャッジが難しいですね。

 

中京8R 3歳上2勝クラス ダート・1900m

タガノビューティー松山弘平騎手)は3着でした。2019-2020のPOG指名馬で、同年指名馬の出世頭です。

世代のダート路線トップを走る馬たちと戦って、跳ね返されてきた馬ですが、前走もハギノアレグリアスと戦い、敗れはしたものの、器用な立ち回りで新たな面が引き出されて期待していましたが、様々な要素が重なって勝利とはいきませんでした。

ゲート出てすぐに躓くところのある馬で、今回はそれが出てしまいました。レースを見ていても勝ったウインフォルティスの位置が欲しかったですし、鞍上の和田騎手に上手く乗られてしまいました。 

今年の春に戦った馬たちともまた重賞の舞台で戦える資質を持っていると信じています。だからこんなところで躓いてほしくありません。次こそ、資質を証明してほしいです。

 

中山9R 芙蓉S(2歳OP) 芝・2000m

ウインルーア(横山武史騎手)は8着でした。

内枠も良くなかったように思われますが、まずは条件戦から… という馬なのかもしれません。牝馬1勝クラスで頑張ってほしいですね。

 

中京11R シリウスS(3歳上OP) ダート・1900m

エイコーン高倉稜騎手)は3着でした。

4つ目と5つ目のツイートは続きになっています。

感情のコントロールを失ってジェットコースターみたいになってますが、労働に精神を破壊されたおっさんなので仕方ありませんね。馬券は単複しか買ってなかったので、ぶっちゃけ3着内に来た時点でほぼ利益確定なのですが、除外地獄から脱してほしいという思いが出てる気がしますね。現にシリウスSも上位馬の回避待ちで、回避馬が出て出走にこぎつけられました。好走はうれしいのですが、今後のことを考えると3着では足りなかったとなるのが複雑なところです。

 

 

中京12R 3歳上2勝クラス 芝・1400m

アンジュミニョン田中健騎手)は3着でした。

スタートを決めて、外から被されないように突っ張っていく形でした。結局徹底先行の構えの馬に前に入られてしまいましたが、上手く外に切り替えて、終始動きやすい位置を占め続ける丁寧な立ち回りで、直線後続を断って粘り込みを図りましたが、2歳重賞で連対、3歳重賞で掲示板を確保した馬が相手では分が悪かったですね。

馬体を併せた形でファイトを引き出すのがベストですので、離れた外から一気に交わされてしまったのも食い下がれなかった要因でしょう。しかし、クラスにはメドが立ちましたし、次走がまた楽しみですね。

 

以上、10/3の注目馬振り返りでした。