ギャンブライダーの勝手語り

アラサー競馬狂チャリ乗りの日々やら考えたことが集積されていきます

ホッカイドウ競馬フレッシュチャレンジ プレビュー③

2020/4/23に施行されるフレッシュチャレンジを見ていきます。

今回は5R、1100m戦です。

 

コース概要

1000mのスタート位置から100m下がった位置からスタートする以外、1000mと同一のコースを使用します。1200mのスタート地点ではキャリアの若い馬だとスタートでゴチャついたり、引き込み線とコースの合流点でインコース側の砂が厚くなっている影響を受けやすいため、設定されたコースのようです。

 

出走馬紹介

1枠1番ピンポンダマ

種牡馬リオンディーズ産駒の2歳牡馬です。近親の活躍馬にはニチドウタロー(エルセンタウロ、80年天皇賞・春)がいます。

初年度産駒ということもあり、父×母父マヤノトップガンの活躍馬はまだいません。

父をKingmamboの系統に拡大しても活躍馬は見当たりませんでした。

能力検査では800mを52.5秒で走破しました。スタートは一息でしたが徐々に押し上げ、4角ではびっしり追われましたが、先頭に追い付いたところで流してのゴールでした。道中はもう少し楽になりますし、上位争いも不可能ではなさそうです。

2枠2番のマブセイフリー

エイシンフラッシュ産駒の2歳牡馬です。近親に目立った活躍馬は出ていません。

父×母父ディープインパクトの配合組み合わせはガミラスジャクソン(20笠松ゴールドジュニアー)が出ています。

能力検査では800mを52.5秒で走破しました。ゲートはもっさり出て追走もしきれず、追っては口向き悪く、と課題の多く出た能力検査だったと感じています。まずは双方の改善からとなると、時間がかかるかもしれません。

3枠3番イッツソーラッド

ハイアーゲーム産駒の2歳牡馬です。2018年産のハイアーゲーム唯一の産駒です。牝系はシルを起点として広がった系統で、マルゼンスキーと同牝系にあたります。

母父フサイチレオンGone West産駒の中央2勝馬で、総産駒数が30頭ほどのマイナー種牡馬の部類に入る馬でした。

能力検査では800mを51.0秒で走破しました。スムースなスタートから先頭に立ち、そのまま押し切りました。タイムもよく、上位争いでしょう。

4枠4番エスメルーナ

カジノドライヴ産駒の2歳牝馬です。叔父にレオンビスティー(父サクラバクシンオー、12ファルコンS2着)がいる牝系の出身です。

配合組み合わせが同じ、似た活躍馬のデータは見当たりませんでした。

能力検査では800mを53.1秒で走破しました。スタートは伸び上がりながらで、押して押して先団に取り付いていきました。最後の直線では激しい扶助もなく、そのまま流れ込みました。ゲート決めたいところです。

5枠5番ラジアントエンティ

スマートファルコン産駒の2歳牝馬です。三代母にシスティー(サクラユタカオー、95京都牝馬特別)、祖母タフグレイス(トニービン、02中山金杯)がいる牝系に属しています。

配合組み合わせが同じ活躍馬にはダンストンリアン(17ハヤテスプリント)がいます。

能力検査では800mを52.2秒で走破しました。ゲートは一番遅かったですが、おっつけられて追走、後半流しながら先頭横一線での入線でした。ダッシュ力あり、侮れません。

6枠6番エールソングス

バンブーエール産駒の2歳牝馬です。大叔父にスムースバリトン(スペシャルウイーク、04東スポ杯2歳S)がいる牝家の出身です。

同じ配合組み合わせの活躍馬はまだいません。

能力検査では800mを50.7秒で走破しました。スタートは並でしたが、加速で先頭集団のただなかに陣取りました。レベルの高い組で差はつきませんでしたが、好タイムでの同入は価値があると考えます。

7枠7番マナバレンシア

トゥザワールド産駒の2歳牝馬です。近親に目立った活躍馬はいません。

同じ配合組み合わせの活躍馬はまだおらず、近い馬も見当たりませんでした。

能力検査では800mを52.9秒で走破しました。引っかかったようなスタートで後方に置かれ、道中は追われての追走でした。直線入り口で前に取り付き、流しながらのゴールでした。加速力はありましたし、ゲートの改善さえあれば勝ち負けのレベルと見ました。

8枠8番エゾフウジン

タイムパラドックス産駒の2歳牝馬です。近親にスーパークリーク(ノーアテンション菊花賞など)がいる牝系の出身です。

オウマタイム(15京浜盃)が同じ父×ジョリーズヘイロー牝馬の組み合わせです。

能力検査では800mを53.5秒で走破しました。発馬を五分に出て、ダッシュでハナを奪いました。直線でもいっぱいに追われてギリギリ残した印象でした。レベルはあまり高くない能力検査だったと思いますが、発馬が五分にこなせて二の足もそれなりであれば初戦からはしれる準備が整っていると見ていいでしょう。

 

評価

エールソングス

イッツソーラッド

ラジアントエンティ

エゾフウジン

以上、フレッシュチャレンジ プレビュー③でした。