日々、週末に踊る

アラサー競馬狂チャリ乗りの日々やら考えたことが集積されていきます

第52回 菊水賞 レビュー

第52回 菊水賞について振り返っていきます。

出走馬・競走結果については以下を↓

www2.keiba.go.jp

www2.keiba.go.jp

では、上位馬を中心に振り返っていきます。

1着のステラモナーク

重賞3連勝中のということもあって単勝1.6倍の圧倒的支持を受けました。スタートも決まって飛び出していきました。競りかけるのも位置を取りに来たディアタイザンぐらいなもので、終始一人旅で3コーナーからは後続を突き放す一方の完勝楽勝で人気に応えました。ハナを叩かれた場合の難しさが課題でしょうが、現状兵庫で凡走するとしたらスタート失敗ぐらいしか考えられない強さです。

2着のピスハンド

スタートを決めて2列目インを取ってレースを進めました。2週目向こう正面から仕掛けて2番手に上がり、前を追っていきましたが、勝ち馬との差は詰まらず、直線で詰め寄りましたが、完敗でした。流れに乗っていい形でしたが、格の違いを見せつけられてしまいました。

3着のドバイキャンドル

スタートを決めましたがダッシュでやや遅れを取り、3列目のインに位置を取りました。ピスハンドに反応して動きましたが、並びかけるところまでいけませんでしたが、4着馬の強襲をしのいだことは評価できると感じています。

4着のイチライジン

兵庫ジュニアカップを含む園田1700mの競走3連勝中ということで注目を集めましたが、伸びを欠きました。道中は3着馬の外でレースを進めましたが、勝負所で苦しくなって下がってしまいました。直線盛り返して詰め寄りましたが、交わすところまでは持っていけませんでした。園田の砂入れ替え以降先行馬有利の傾向はありますが、通ったところでも大きな差が出るのでしょうか?

5着ディアタイザン

押して2番手の位置を取りましたが、3角の勝負所で後退。完全離脱かと思いきや直線で盛り返して5着を確保しました。4着以下はバテていた部分が大きそうです。

11着ガミラスジャクソン

四代母にハギノトップレディを持つ”華麗なる一族”ファミリーの出身馬、笠松ゴールドジュニアで見せた最低人気を覆すド派手な追い込み、中央・スプリングSへの挑戦など、いろいろな意味で注目して見ていましたが、道中折り合いを欠いて首を上げていました。末にかければ面白い存在と思っていただけに、この負けは少し残念です。

次走は折り合いをつけて末脚発揮に期待します。

以上、第52回 菊水賞振り返りでした。