Dancin' on a Daily Basis

モットーは「(知識の)レベルを上げて物理で殴れ」。趣味ブログといいながらほぼ競馬のみ。そんなブログ。

オーストラリア競馬の父系樹形図(2021年度版完成型)

 

はじめに

最近暇に任せて見ているオーストラリア競馬の父系について備忘録的にまとめますので、都度追記していきます。

記載基準  :リーディングランキング50位内→FSSR・SSSRは30位内→Arion Pedigrees 内の「Stallion Roster」記載馬

順位記載基準:リーディングランキング20位内

SR=サイアーランキング

FSSR=ファーストシーズンサイアーランキング

SSSR=セカンドシーズンサイアーランキング

 

Danehill

Danehill 1986

 Al Maher 2001

 Blackfairs 1996

 |God Has Spoken 2006

 |Playing God 2007

 California Dane 2002

 |Rebel Dane 2009 20-21FSSR16位

 Commands 1996

 |Ambitexter 2008

 |Epaulette 2009

 |Holler 2012

 |Rommel 2011 20-21FSSR8位

 Danehill Dancer 1993

 |Choisir 1999

 | Barood 2008

 | Divine Prophet 2013 20-21FSSR11位

 | Worthy Cause 2011 20-21FSSR13位

 | Defcon 2013 20-21FSSR20位

 | Starspangledbanner 2006

 | The Mission 2014

 | Worthy Cause 2011

 Danesili 1996

 |Champions Gallery 2003

 |Dandino 2007

 Danetime 1994

 |So Secret 2003

 Danerich 2002

 |Lord of the Sky 2010

 Exceel And Excel 2000 20-21SR9位

 |Bivouac 2016

 |Exceedance 2016

 |HeadWater 2012 20-21 SSSR1位

 |Helmet 2008

 |Jabali 2011

 |Knight Exemplar 2009

 |Microphone 2016

 |Outreach 2012 20-21SSSR14位

 |Performer 2015

 |Reward for Effort 2006

 |Safeguard 2010

 |Sidestep 2010

 Fastnet Rock 2001 20-21SR6位

 |Awesome Rock 2011 20-21FSSR14位

 |Bull Point 2010 20-21SSSR17位

 |Cluster 2010

 |Fastnet Express 2015

 |Foxwedge 2008

 |Hincinbrook 2007

 | Leonardo da Hinchi 2015

 | Press Statement 2012 20-21SSSR8位

 | Unite and Conquer 2016

 |Long Leaf 2015

 |Merchant Navy 2014

 |Prince Fawaz 2016

 |Rock Hero 2010

 |Rothesay 2006

 |Smart Missile 2008 20-21SR20位

 |Valentia 2011

 |Wanted 2006

 |Your Song 2009

 |Zululand 2015

 Flying Spur 1992

 |Boom Times 2011

 |Cagino Prince 2003

 | All Too Hard 2009 20-21SR10位

 |  Villermont 2014

 |Heritage 2002

 |Jet Spur 2002

 |Magnus 2002

 |Mahuta 2012

 Hidden Dragon 1999

 Holy Roman Emperor 2004

 |Mongolian Khan 2011

 Redoute's Choice 1996

 |Alabama Express 2016

 |Barbados 2008

 |Bradbury's Luck 2002

 |King's Legacy 2017

 |King's Troop 2012

 |Not a Single Doubt 2001 20-21 SR3位

 | Anders 2017

 | Doubtland 2017

 | Dubious 2016

 | Extreme Choice 2013 20-21 2YO/FSSR1位

 | Farnan 2017

 | Squamosa 2007

 |Snitzel 2002 20-21SR4位

 | Bondi 2015

 | Brabinger 2014

 | Dracarys 2014

 | Ducimus 2014

 | Goodfella 2014

 | Invader 2014

 | Jukebox 2014

 | Menari 2014

 | Odyssey Moon 2012

 | Russian Revolution 2013

 | Salade 2008

 | Sandbar 2015

 | Shamus Award 2010 20-21SR13位

 |  Soul Patch 2016

 | Showtime 2014

 | Sizzling 2009

 | Sooboog 2012 20-21FSSR15位

 | Spell the Beans 2012 20-21SSSR3位

 | Stratosphere 2015

 | Thoronum 2013

 | Time for War 2011

 |  Time For Reign 2016

 | Trapeze Artist 2014

 | Wandjina 2011

 |Panzer Division 2011 20-21SSSR20位

 |Pariah 2014

 |Patronaize 2002

 |Prague 2017

 |Rogano 2006

 |Scissor Kick 2011 20-21SSSR18位

 |Slater 2007

 |Strada 2002

 |Stratum 2002

 | I’m All the Talk 2010 SSSR6位

 | Stratum Star 2011

 | Va Pensiero 2010

 |Swear 2013

 |The Autumn Sun 2015

 Rock of Gibraltar 1999

 |Proart 2004

 

Danehill以外のDanzig

Danzig1977

 Belong To Me 1989

 |Bon Hoffa 2002

 Bianconi 1995

 |Nicconi 2005 20-21SR12位

 Elnadim 1994

 |Pendragon 2002

 

 Green Desert 1983

 |Invincible Spirit 1997

 | Cable Bay 2011 20-21FSSR10位

 | I Am Invincible 2004 20-21 SR2位

 |  Brazen Beau 2011

 |   North Pacific 2017

 |   Tassort 2016

 |  Hellbent 2012

 |  I Am Immortal 2016

 |  Overshare 2014

 |  Santos 2015

 |  Strasbourg 2016

 |  Super One 2012 20-21SSSR10位

 | Kingman 2011

 |  Galyx 2016

 | Kobayashi 2014

 | Magna Grecia 2016

 | National Defense 2014

 | Shalaa 2013 20-21FSSR4位

 | Terrirories 2012

 |Oasis Dream 2000

 | Power 2009

 |Royal Meeting 2016

 War Chant 1997

 War Front 2002

 |Air Force Blue  2013

 |Omaha Beach 2016

 |Spirit of Valor 2014

 |The Brothers War 2010

 

Fairy King

Fairy King 1982

 Encosta de Lago 1993

 |Northern Meteor 2005

 | Deep Field 2010 20-21SR16位

 |  Cosmic Force 2016

 | Shooting To Win 2011

 | Zoustar 2010 20-21SR7位

 |  Lean Mean Machine 2015

 |  Sun City 2016

 |  Zousain 2015

 |Manhattan Rain 2006

 |Maschino 2007

 |My Admiration 2007

 |Needs Further 2007

 |Rubick 2011

 | Yes Yes Yes 2016

 

Hail to Reason

Hail to Reason 1958

 Halo 1969

 |サンデーサイレンス 1986→個別項目

 Roberto 1969→個別項目

 Stop the Music 1970

 |Taufan 1977

 | Tagula 1993

 |  Canford Cliffs 2007

 |   Cliff's Edge  2014

 

Hyperion

Hyperion 1930

 Aristophanes 1948

 |Forli 1963

 | Thatch 1970

 |  Thaching 1975

 |   Rustic Amber 1983

 |    Sequalo 1990

 |     Spirit of Boom 2007 20-21SR18位

 

In Reality

In Reality 1964

 Known Fact 1977

 |Warning 1985

 | Diktat 1995

 |  Dream Ahead 2008

 |   Sensei 2014

 

Monsun

Monsun 1990

 Fiorente 2008

 

 

More Than Ready

More Than Ready 1997

 Better Than Ready 2009

 Gimmethegreenlight 2008

 |Yulong Prince 2014

 Kiss and Make Up 2013

 Prized Icon 2013

 Ready for Victory 2012 20-21SSSR19位

 Sebring 2005 20-21SR8位

 |Criterion 2010

 |Dissident 2010

 |Gold Standerd 2014

 |Longma 2010

 |Supido 2011

 

Mr.Prospctor

Mr.Prospctor 1970

 Fappiano 1977

 |Unbridled

 | Empire Maker 2000

 |  Pioneer of Nile 2006

 |   American Pharoah 2012 20-21FSSR19位

 Gone West 1984

 |Zafonic 1990

 | Iffraaj 2001

 |  Jungle Cat 2012

 |  Turn Me Loose 2011

 |  Wootton Bassett 2008

 Gulch 1985

 |Nayev 1998

 | Tamayuz 2005

 |  Sir Prancealot(Tamayuz)2010 20-21FSSR17位

 Hussonet 1991

 |Husson 2003

 Kingmambo 1990

 |キングカメハメハ 2001

 | ロードカナロア 2008

 |  Tagaloa 2017

 Machiavellian 1987

 |Street Cry 1998

 | Globetrotter 2005

 | Hualalai 2014

 | Pride of Dubai 2012 20-21SSSR2位

 | Street Boss 2004

 |  Hanseatic 2017

 | Wolf Cry 2012

 |Street Sense 2004

 | Hallowed Crown 2011

 Miswaki 1978

 |Tertullian 1995

 | Mawingo 2008

 |Umatilla 1988

 | Top Echelon 1999

 Seeking the Gold 1985

 |Dubai Millenium 1996

 | Dubawi 2002

 |  Akeed Mofeed 2009

 |  Ghaiyyath 2015

 |  Night of Thunder 2011 20-21SSSR5位

 |  Too Darn Hot 2016

 |Secret Savings 1991

 | Dash For Cash 1998

 Smart Strike 1992

 |Curlin 2004

 | Vino Rosso 2015

 

Nasrullah

Nasrullah 1940

 Bold Ruler 1954

 |Boldnesian 1963

 | Bold Reasoning 1968

 |  Seattle Slew 1974

 |   A.P.Indy 1989

 |    Pulpit 1994

 |     Tapit 2001

 |      A Lot 2012

 |      Frosted 2012 FSSR6位

 Grey Sovereign 1948

 |Zeddaan 1965

 | Kalamoun 1970

 |  Kenmare 1975

 |   Highest Honor 1983

 |    Vert de Grece 2012

 Never Bend 1960

 |Mill Reef 1968

 | Shirly Heights 1975

 |  Dashaan 1981

 |   Dalakhani 2000

 |    Reliable Man 2008

 

Nearco

Nearco 1935

 Infatuation 1951

 |Showdown 1961

 | The Judge 1975

 |  Zeditaive 1985

 |   Magic Albert 1998

 |    Ilovethiscity 2007

 Nasrullah 1940→個別項目

 Nearctic 1954

 |Northern Dancer 1961

 | Be My Guest 1974

 |  Pentire 1992

 |   Xtravagant 2012 20-21FSSR18

 | Danzig 1977→個別項目

 |  Danehill 1986→個別項目

 | Fairy King 1982→個別項目

 | Nijinsky 1967

 |  Royal AcademyⅡ 1987

 |   Bel Esprit 1999

 | Nureyev 1977→個別項目

 | Sadler's Wells 1981→個別項目

 | Storm Bird 1978

 |  Storm Cat 1983→個別項目

 | Try My Best 1975→個別項目

 

Nureyev

Nureyev 1977

 Polar Falcon 1987

 |Pivotal 1993

 | Excellent Art 2004

 |  Under the Louvre 2010

 Soviet Star 1984

 |Star Craft 2000

 | Star Witness 2007

 |  Graff 2015

 |  Star Turn 2013 20-21FSSR5位

 Spinning World 1993

 |Thorn Park 1999

 | Jimmiy Choux 2007

 | Ocean Park 2008

 | Speith 2012

 | Thorn Dancer 2006

 Stravinsky 1996

 |Oratorio 2001

 | Lucky Street 2012

 

Princequrro

Princequrro 1940

 Prince John 1953

 |Speak John 1958

 | Hold Your Peace 1969

 |  Success Express 1985

 |   Mossman 1995

 |    Love Conquers All 2004

 

Roberto

Roberto 1969

 Red Ransom 1987

 |All American 2005

 |Duporth 2005

 |Ouqba 2006

 Silver Hawk 1979

 |グラスワンダー 1995

 | スクリーンヒーロー 2004

 |  Maurice 2011 FSSR7位

 

Sadler's Wells

Sadler's Wells 1981

 Artie Schiller 2001

 |Flying Artie 2013 FSSR3位

 El Prado 1989

 |Medaglia d'Oro 1999

 | Astern 2013 20-21FSSR12位

 | Nostradamus 2011 SSSR16位

 | Vancouver 2012 20-21SSSR4位

 Frankel 2008

 |Last Kingdom 2014

 Galileo 1998

 |Adelaide 2011

 |Churchill 2014

 |Highland Reel 2012

 |Johannes Vermeer 2013

 |Teofilo 2004

 | Palentino 2012

 | Kermadec 2011 20-21SSSR7位

 |Spiritjim 2010

 High Chaparral 1999

 |Alpine Eagle 2011

 |Contributer 2010 20-21SSSR13位

 |Dundeel 2009

 | Castelvecchio 2016

 |Free Eagle 2011

 |Hi World 2011

 |Laguna de Bay 2006

 |So You Think 2006 20-21RS5位

 | D’Argento 2014

 | Peltzer 2017

 |Toronado 2010 20-21SR19位

 Montjeu 1996

 |Authorized 2004

 | Complacent 2010

 |Camelot 2009 20-21SR17位

 | Russian Camelot 2017

 |Tavistock 2005 20-21SR14位

 Scenic  1986

 |Due Sasso 2003

 |Universal Ruler 2004

 

Sir Tristram

Sir Tristram 1971

 Zabeel 1986

 |Octagonal 1992

 |Lonhro 1998

 | Denman 2006

 | Encryption 2015

 | Exosphere 2012 SSSR11位

 | Impending 2013

 | Our Boy Leo 2012

 | Pierro 2009 20-21SR11位

 |  Bellevue Hill 2016

 |  Levendi 2014

 | Pierata 2014

 | Sessions 2009

 |Sweynesse 2011

 |Savabeel 2001 20-21SR15位

 | Cool Aza Beel 2017

 |Zed 2002

 

Storm Cat

Storm Cat 1983

 Giant's Causeway 1997

 |Giant's Step 2009

 |Footstepinthesand 2002

 | Kasepersky 2011

 |Shamardal 2002

 | Blue Point 2014

 | Earthlight 2017

 | Gingerbred Man 2007

 | Lope de Vega 2007

 |  Endress Drama 2012

 |  Lucky Vega 2018

 | Pissance de Lune 2008

 Hennessy 1993

 | Johannesburg 1999

 |  Scat Daddy 2004

 |  Turffontein 2004

 |   Justify 2015

 |   No Nay Never 2011 20-21SSSR15位

 Tale of the Cat 1994

 |Whittington 2010

 

Tom Fool 

Tom Fool 1949

 Silly Season 1962

 |Lunchtime 1970

 | Snippets 1984

 |  Pins 1996

 |   Beckham 2010

 |  Snipptson 2001

 

Try My Best

Try My Best 1975

 Last Tycoon 1983

 |Iglesia 1995

 | Written Tycoon 2002 20-21SR1位

 |  Capitalist 2013 20-21FSSR2位

 |  Dirty Work 2016

 |  Ole Kirk 2017

 |  Rich Enuff 2011 20-21SSSR12位

 |  Winning Rupert 2013 20-21FSSR9位

 |  Written By 2015

 |O’Reilly 1993

 | Brutal 2015

 | Grunt 2014

 | Sacred Falls 2009

  Waajib 1983

 |Royal Applause 1993

 | Acclamation 1999

 |  Dark Angel 2005

 |   Harry Angel 2014

 

サンデーサイレンス

サンデーサイレンス 1986

 ダイワメジャー 2001

 |Admire Mars 2016

 ディープインパクト 2002

 |Fierce Impact 2014

 |Mikki Isle 2011

 |Real Impact 2008 20-21SSSR9位

 |Saxon Warrior 2015

 |Tosen Stardom 2011

 ネオユニヴァース 2000

 |トーセンファントム 2007

 | Brave Smash 2013

 Keep the Faith 2000

 |Trust in a Gust  2010

 

2022年の新種牡馬たち・一覧

 

来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが、一口クラブは当歳募集があるクラブもあるので、遅いかなあという感もあります。

中座している2021年初年度産駒デビューの種牡馬の紹介は気が向いたら追加します。(アクセスを見ている限り需要がなさそうなので…)

※本記事はJBIS-searchとJAIRSのデータを基に構成しています。

 

 

グループ:サンデーサイレンス

未だ膨張を続けるサンデーサイレンスの子孫たちが、12頭スタッドインしています。

サンデーサイレンスの後継争いは孫世代に移行した印象ですが、先日ネオユニヴァースの代表産駒であるヴィクトワールピサがトルコに売却されるというリリースがあり、実績馬と言えど、成績が落ちれば都落ちを余儀なくされる厳しい現実を突きつけられた気がしています。

最多種付け数はディープインパクト産駒リアルスティールで177頭、次点が同じくディープインパクト産駒サトノダイヤモンドで114頭。それにグレーターロンドン65頭、レインボーライン44頭と続いています。あとの8頭は種付け数が10に満たない零細種牡馬ということになるでしょうか。

サトノダイヤモンド産駒は昨夏のセレクトセールで億越えの落札もあり、マーケット向き、リアルスティール産駒はUMAKAUで掲載されている産駒の形が良く映り、2021年は既のブックフルと馬産地の評判は良いように感じられます。

グレーターロンドンレインボーラインの産駒は繋養地の特性的に産駒のマーケット流通は今年からになるでしょう。両馬共に牝系の繁殖成績は申し分なく、グレーターロンドンは脚部不安(爪の不安)が遺伝しないことがポイントになりそうです。

 

キョウエイギア(byディープスカイ

種付け2、登録1

主な勝ち鞍:'16 ジャパンダートダービー・大井D2000

繋養先:青森・ワールドファーム

種付け料:受胎条件30万円フリーリターン特約

 

グランシルク(byステイゴールド

種付け5、登録1

主な勝ち鞍:'17 京成杯AH・中山T1600m

繋養先:千葉・北総ファーム

種付け料:プライベート

 

グレーターロンドン(byディープインパクト

種付け65、登録44

主な勝ち鞍:'18 中京記念・中京T1600m

繋養先:日高・ブリーダーズスタリオン

種付け料:受胎条件50万円フリーリターン特約、出生条件50万円

 

コルヴァッチ(byディープインパクト

種付け0

主な勝ち鞍:未勝利

繋養先:新ひだかレックススタッド

種付け料:受胎条件20万円フリーリターン特約、出生条件30万円

 

サウンドスカイ(byディープスカイ

種付け8、登録5

主な勝ち鞍:'15 全日本2歳優駿・川崎D1600m

繋養先:新冠優駿スタリオン

種付け料:受胎条件30万円、出生条件50万円

 

サトノダイヤモンド(byディープインパクト

種付け114、登録91

主な勝ち鞍:'16 有馬記念・中山T2500m

繋養先:胆振社台スタリオンステーション

種付け料:受胎条件300万円フリーリターン特約

 

makitakatsu1990.hatenablog.com

 

ディオスコリダー(byカネヒキリ

種付け2、登録1

主な勝ち鞍:'17 カペラS・中山D1200m

繋養先:新ひだか・前谷武志牧場

種付け料:プライベート

 

ディープエクシード(byディープインパクト

種付け2、登録2

主な勝ち鞍:なし(中央2勝)

繋養先:浦河・イーストスタッド

種付け料:プライベート

 

モンドキャンノ(byキンシャサノキセキ

種付け1、登録1

主な勝ち鞍:'16 京王杯2歳S・東京T1400m

繋養先:新冠クラックステーブル

種付け料:受胎条件20万円フリーリターン特約、出生条件30万円

 

リアルスティール(byディープインパクト

種付け177、登録108

主な勝ち鞍:'16 ドバイターフ・ドバイT1800m

繋養先:胆振社台スタリオンステーション

種付け料:受胎条件200万円フリーリターン特約

 

makitakatsu1990.hatenablog.com

 

レインボーライン(byステイゴールド

種付け44、登録26

主な勝ち鞍:'18 天皇賞(春)・京都T3200m

繋養先:新冠優駿スタリオン

種付け料:受胎条件50万円フリーリターン特約、出生条件70万円

 

イカバード(byディープインパクト

種付け4、登録0

主な勝ち鞍:'16 元町S(中央1600万下)・阪神T1600m

繋養先:新ひだかレックススタッド

種付け料:受胎条件30万円フリーリターン特約、出生条件50万円

 

グループ:キングマン

サンデーサイレンスの時代を止めたキングカメハメハを送り出したKingmamboの子孫は6頭がスタッドインしています。

最多種付けはミッキーロケット117頭、次いでビーチパトロール108頭が100頭超え、ヤマカツエース58頭、レーヴミストラル52頭で2桁はここまで。

ビーチパトロールは同系統で期待に応えられなかったアルカセットの面影を払拭することができるでしょうか。同父の種牡馬にはアポロキングダムがおり、種牡馬適性はあってもおかしくありません。

エルコンドルパサーの孫にあたるストゥディウムも産駒が生まれていますが、種付け数が少なく、超零細の域を出ません。個人的にはPOG指名馬初の重賞馬であるレーヴミストラルに期待しています。可能なら一口出資もしたい。

 

エスタンパレード(byキングカメハメハ

種付け1、登録0(出生未登録)

主な勝ち鞍:'17 蹴上特別(中央1000万下)・京都D1900m

繋養先:新ひだか・ウエスタンファーム

種付け料:不明

 

ストゥディウム(byルースリンド

種付け2、登録1

主な勝ち鞍:'15 羽田盃・大井D1800

繋養先:日高・フジモトバイアリースタッド

種付け料:プライベート

 

ビーチパトロール(byLemon Drop Kid)

種付け109、登録87

主な勝ち鞍:'17 アーリントンミリオン・米T1Mile1/4

繋養先:新ひだかレックススタッド

種付け料:受胎条件80万円フリーリターン特約

 

ミッキーロケット(byキングカメハメハ

種付け117、登録64

主な勝ち鞍:'18 宝塚記念阪神T2200m

繋養先:新冠優駿スタリオン

種付け料:受胎条件50万円フリーリターン特約、出生条件70万円

 

makitakatsu1990.hatenablog.com

 

ヤマカツエース(byキングカメハメハ

種付け58、登録39

主な勝ち鞍:'17 金鯱賞・中京T2000m

繋養先:新ひだかアロースタッド

種付け料:受胎条件50万円フリーリターン特約

 

レーヴミストラル(byキングカメハメハ

種付け52、登録33

主な勝ち鞍:'16 日経新春杯・京都T2400m

繋養先:新ひだかレックススタッド

種付け料:受胎条件30万円フリーリターン特約、出生条件50万円

 

グループ:エンドスウィープ

アドマイヤムーンのスプリンターサイアー適性は意外がられていますが、その父エンドスウィープは7F重賞の勝ち馬で先祖帰りを起こしただけと解釈しています。

最多種付けはレッドファルクスの132頭、次点でファインニードルの105頭。ともにスプリントGIを2勝した名馬ですが、1世代前の血統表感は否めません。

 

ファインニードル(byアドマイヤムーン)…種付け105、登録59

主な勝ち鞍:'18 春秋スプリントGI・中京/中山T1200m

繋養先:日高・ダーレー・ジャパン スタリオンコンプレックス

種付け料:受胎条件250万円

 

レオアクティブ(byアドマイヤムーン)…種付け1、登録1

主な勝ち鞍:'11 京王杯2歳S・東京T1400

繋養先:浦河・イーストスタッド

種付け料:プライベート

 

レッドファルクス(byスウェプトオーヴァーボード)…種付け132、登録80

主な勝ち鞍:'16-17 スプリンターズS・中山T1200m

繋養先:胆振社台スタリオンステーション

種付け料:受胎条件80万円フリーリターン特約

 

makitakatsu1990.hatenablog.com

 

グループ:ロベルト

穴は多いが当たればホームランのロマン砲タイプの種牡馬が多数のRobertoの子孫からは4頭がスタッドインしています。種付け数が2桁に届いている商業ベース種牡馬ゴールドアクターのみで、あとはプライベート種牡馬と断言してしまっていいでしょう。

そのゴールドアクターはグランプリホースという実績を引っ提げての種牡馬入りでしたが、現役期間が長くなったこともあり、有馬記念制覇時のインパクトが薄れて牝馬を集められていない印象です。父が健在で同父のモーリスが人気種牡馬な影響もありそうですが…

 

クラウンレガーロ(byグラスワンダー

種付け5、登録3

主な勝ち鞍:五頭連峰特別(中央1000万下)・新潟T1600m

繋養先:日高・日西牧場

種付け料:プライベート

 

ゴールドアクター(byスクリーンヒーロー

種付け56、登録46

主な勝ち鞍:'15 有馬記念・中山T2500m

繋養先:新冠優駿スタリオン

種付け料:受胎条件50万円フリーリターン特約、出生条件70万円

 

ソルテ(byタイムパラドックス

種付け3、登録0

主な勝ち鞍:'16 さきたま杯・浦和D1400m

繋養先:新冠クラックステーブル

種付け料:受胎条件20万円フリーリターン特約、出生条件30万円

 

ハギノハイブリッド(byタニノギムレット

種付け3、登録3

主な勝ち鞍:'14 京都新聞杯・京都T2200m

繋養先:新ひだかアロースタッド

種付け料:プライベート

 

グループ:エーピーインディ

地方競馬の賞金増額傾向で注目を浴びているのがダート向きの種牡馬で、A.P.Indyの産駒たちはダートを主戦場としています。スタッドインした4頭のうち3頭が2桁種付けの需要があり、最多種付けのベストウォーリアが158頭と全体でも屈指の支持を受けました。個人的には産駒に出資が決まっているインカンテーションの奮起に期待しています。

この系統の需要の一端を担っていたカジノドライヴの死亡、地方ダートの増額によるマーケットの高騰と、この系統には拡大の好機と言えるでしょう。

 

インカンテーション(byシニスターミニスター

種付け33、登録25

主な勝ち鞍:'17 武蔵野S・東京D1600

繋養先:浦河・イーストスタッド

種付け料:受胎条件30万円フリーリターン特約、出生条件50万円

 

シゲルカガ(byパイロ

種付け20、登録13

主な勝ち鞍:'15 北海道スプリントC・門別D1200m

繋養先:浦河・イーストスタッド

種付け料:受胎条件30万円フリーリターン特約、出生条件50万円

 

ベストウォーリア(byマジェスティックウォリアー

種付け158、登録92

主な勝ち鞍:'14-15 マイルチャンピオンシップ南部杯・盛岡D1600m

繋養先:新冠優駿スタリオン

種付け料:受胎条件30万円フリーリターン特約、出生条件50万円

 

makitakatsu1990.hatenablog.com

 

レガーロ(byBernardini)

種付け4、登録2

主な勝ち鞍:'15 もちの木賞(中央500万下)・京都D1800m

繋養先:新ひだかアロースタッド

種付け料:受胎条件20万円フリーリターン特約、、出生条件50万円

 

グループ:サドラーズウェルズ

ヨーロッパで絶大な勢力を誇るサドラーズウェルズの系統ですが、日本ではその担い手だったメイショウサムソンのトーンダウンとともに父系としては勢力を失いつつあります。反面ディープインパクトとの相性の良さが注目され、牝系に入って活躍馬を送り出しています。唯一の商業ベースの種牡馬タリスマニックはこの状況を打開できるでしょうか。

 

タリスマニック(byMedaglia d'Oro)

種付け113、登録66

主な勝ち鞍:'17 ブリーダーズカップターフ・米T1Mile1/2

繋養先:日高・ダーレー・ジャパン スタリオンコンプレックス

種付け料:出生条件180万円

 

makitakatsu1990.hatenablog.com

 

ユーノテソーロ(byRip Van Winkle)

種付け0

主な勝ち鞍:なし(地方未勝利)

繋養先:新冠・白馬牧場

種付け料:プライベート

 

リッチーリッチー(byTeofilo)

種付け1、登録1

主な勝ち鞍:'17 緑風S(中央1600万下)・東京2400m

繋養先:新冠クラックステーブル

種付け料:プライベート

 

グループ:デピュティミニスター

クロフネがフィリ―サイアーだったこともあり、もとより父系の存続は厳しい状況でしたが、クロフネ後継のテイエムジンソクがほぼオーナーのプライベート種牡馬と化している状態ではフレンチデピュティのラインは継承不可能でしょう。種付け155頭を数えたマインドユアビスケッツはSilver Deputyの分岐に属する馬で、現役で活躍しているコパノキッキングも同じ分岐に属しています。

 

テイエムジンソク(byクロフネ

種付け9、登録5

主な勝ち鞍:'18 東海S・中京D1800m

繋養先:新ひだかレックススタッド

種付け料:プライベート

 

マインドユアビスケッツ(byPosse)

種付け155、登録102

主な勝ち鞍:'17-18 ドバイゴールデンシャヒーン・ドバイD1200m

繋養先:胆振社台スタリオンステーション

種付け料:受胎条件200万円フリーリターン特約

 

makitakatsu1990.hatenablog.com

 

ロールボヌール(byフレンチデピュティ

種付け8、登録2

主な勝ち鞍:'15 岩手ダービーダイヤモンドC・盛岡D2000m

繋養先:新冠クラックステーブル

種付け料:プライベート

 

グループ:ストームキャット

シャンハイボビー108頭、ネロ54頭と、系統に対しての需要の旺盛さが窺えます。シャンハイボビーは昨年米クラシック馬を送り出したInto Mischiefと同じ分岐に属しており、早くから才能を示しました。

ネロは重賞勝ちはGIII2勝に留まるものの、タフネスを示していますし、ムラ加減から評価が定まらないまま老境に差し掛かった父への代替需要もあったと見ています。

 

シャンハイボビー(byHarlan's Horiday)

種付け108、登録66

主な勝ち鞍:'12 ブリーダーズカップジュヴェナイル・米D1Mile1/16

繋養先:新ひだかアロースタッド

種付け料:受胎条件200万円フリーリターン特約

 

ネロ(byヨハネスブルグ

種付け54、登録39

主な勝ち鞍:'16-17 京阪杯・京都T1200m

繋養先:新ひだかアロースタッド

種付け料:受胎条件20万円フリーリターン特約

 

グループ:ダンツィヒ

クラレーションオブウォーが152頭の種付けをこなしましたが、JBBAの好待遇に支えられたのは間違いないでしょう。シャトル先のオーストラリアではそれなりの成果を挙げています。

日本への対応は未知数ですが、ダンツィヒの子孫はダートへの対応力が高く、潰しがきくところが受け入れられる素地なのでしょう。

 

アグニシャイン(byハービンジャー

種付け5、登録3

主な勝ち鞍:なし(中央1勝)

繋養先:新ひだかレックススタッド

種付け料:出生条件10万円

 

クラレーションオブウォー(byWar Front)

種付け152、登録88

主な勝ち鞍:'13 インターナショナルS・英T10F56y

繋養先:新ひだか・JBBA静内種馬場

種付け料:230万円(不受胎、流死産、産駒死亡時返還) 

 

makitakatsu1990.hatenablog.com

 

グループ:ラストタイクーン

ラストタイクーンといえばキングカメハメハの母父としてなじみ深い馬ですが、サトノクラウンを出すまでの活力を保持していたことが驚きでした。父系は一大勢力のNorthern Dancer系ですが、メジャーな分岐に属していないことで異系のような存在になっていることが興味深いですね。

2022年が初年度種牡馬として最多の207頭に種付けを行ったサトノクラウン、変わり種ではイタリア産馬のマクマホンが34頭の種付けを行っています。イタリア生産馬が種牡馬供用されるのは10年余りの競馬ファン歴で聞いたことがありません。

サクラシンゲキダイシンフブキの父ドンがイタリア産だと聞いたことはありますが…

本命はサトノクラウンでしょうが、重賞戦線まで上がってこれる産駒が出ると、また面白くなりそうです。

 

サトノクラウン(byMarju)

種付け207、登録123

主な勝ち鞍:'17 宝塚記念阪神T2200m

繋養先:胆振社台スタリオンステーション

種付け料:受胎条件100万円フリーリターン特約

 

makitakatsu1990.hatenablog.com

 

マクマホン(byRamonti)

種付け34、登録26

主な勝ち鞍:イタリアダービー・伊T2200m

繋養先:新冠・白馬牧場

種付け料:プライベート

 

グループ:その他

スノードラゴン(byアドマイヤコジーン

種付け20、登録10

主な勝ち鞍:'14 スプリターズS・新潟T1200m

繋養先:新ひだかレックススタッド

種付け料:出生条件20万円

 

ダンスディレクター(byアルデバランII)

種付け4、登録2

主な勝ち鞍:'16-17 シルクロードS・京都T1200m

繋養先:新ひだかアロースタッド

種付け料:受胎条件20万円フリーリターン特約

 

ニシケンモノノフ(byメイショウボーラー

種付け52、登録34

主な勝ち鞍:'17 JBCスプリント・大井D1200m

繋養先:新冠優駿スタリオン

種付け料:受胎条件20万円フリーリターン特約、出生条件30万円

2022年新種牡馬:タリスマニック

こんにちは。高津です。

今回は113頭の種付け・66頭の産駒登録がなされたタリスマニックについて、考察していきます。

※アイコン写真は『タリスマニック(Talismanic) - Darley Open House 2021 - YouTube』より転用しています。

種牡馬データ

2013年2月28日生

英国・Darley Stud Management生産

繋養先:日高・ダーレー・ジャパン・スタリオンコンプレックス

種付け料:誕生条件180万円

 

血統(配合種牡馬

Medaglia d'Oro El Prado Sadler's Wells Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Lady Capulet Sir Ivor Sir Gaylord
Attica
Cap and Bells Tom Fool
Ghanzi
Cappucino Bay Bailjumper Damascus Sword Dancer
Kerala
Court Circuit Royal Vale
Cycle
Bubbed In Silent Screen Prince John
Prayer Bell
Society Singer Restless Wind
Social Position
Magic Mission
Native Dancer
Raise You
Nashua
Sequence
Coup de Folie
Halo
Hail to Reason
Cosmah
Raise the Standard
Hoist the Flag
Natalma
Dream Ticket
Nearctic
Natalma
Pas de Nom
Admiral Voyage
Pettioner
Capo Di Monte
Final Straw
Thatch
Last Call
Burghclere
Busted
Highclere

 

父:Medaglia d'OroEl PradoSadler's WellsNorthern DancerNearcticNearco

母:Magic Mission

母父:MachiavellianMr.ProspectorRaise a NativeNative Dancer

祖母父:DanzigNorthern DancerNearcticNearco

三代母父:Final Straw→Thatch→Forli→AristophanesHyperion

四代母父:BustedCrepello→Donatello→BlenheimBlandford

 

ファミリーライン

4代母Burghclereは6戦1勝の成績を残したイギリス産馬で、その仔にはウインドインハーヘア('95 アラルポカル・T2400m・独GI)、Capo Di Monte('86 Vineland Handicap・T9F・米GIII)がいます。

3代母Capo Di Monteは14戦5勝のアイルランド産馬です。先述のVineland Handicap以外には'85 Pretty Polly Stakes(T2000m・英Listed)を制しています。

祖母DreamTicketは3戦1勝の成績を残したアメリカ産馬です。その仔にMagic Mission('03 Royal Heroine Stakes・T8F・米GIII)がいます。

Magic Missionは24戦4勝の成績を残したイギリス産馬です。先述のRoyal Heroine Stakesのほか、複数の重賞で連対しています。

 

同配合馬

Sadler's Wells系種牡馬×Mr.Prospector牝馬の組み合わせからは、Mshawish(父Medaglia d'Oro×母父Thunder Gulch、'16 Donn Handicap・D9F・米GI)、Violence(父Medaglia d'Oro×母父Gone West、'12 Cashcall Futurity・D8.5F・米GI)が出ています。

Sadler's Wells系は欧州系といわれることの多い父系ですが、シャトルされてオーストラリアにも対応し、大西洋を渡ってアメリカのダートにも対応する万能系と認識しています。

 

戦績

2015年(2歳)3戦1勝 

2016年(3歳)6戦2勝 Prix Maurice Caillaut(Listed)②、Prix De L’Avre(Listed)、仏ダービーGr.I)④、パリ大賞Gr.I)⑤、Prix Turenne(Listed

2017年(4歳)8戦3勝 Prix de la Porte de Madrid(Listed)②、Prix Lord Seymour(Listed)、エドゥヴィル賞(Gr.III)②、シャンティイ大賞(Gr.II)②、モーリスドニュイユ賞(Gr.II)、フォワ賞Gr.II)③、BCターフGr.I)、香港ヴァーズGr.I)②

2018年(5歳)6戦2勝 一般戦、ゴントービロン賞(Gr.III)、フォワ賞Gr.II)②

キャリア計  23戦8勝

 

フランスの名門アンドレ・ファーブル厩舎で調教を施され、レースに出走しました。GI勝ちはBCターフの1つですが、4歳時に見せた安定感のあるレースぶりが能力を示していそうです。

評価に関しては、レースを見ながらつぶやいていた内容を引用して、記述に替えたいと思います。

 

考察

3親等までの近親に活躍馬のいる馬を列挙していきます。

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は仏リステッド2勝

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 祖母オースミハルカ('04 府中牝馬S・T1800m・GIII含む重賞4勝)、おじオースミイチバン('13 ダイオライト記念・D2400・JpnII含むDG競走2勝)

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 祖母アルゼンチンGI2勝

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おじダイワメジャー('04 皐月賞・T2000m・GI含むGI5勝)、おばダイワスカーレット('08 有馬記念・T2500・GI含むGI4勝)

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おばファッショニスタ('20 JBCレディスクラシック・D1800m・JpnI含むDG競走3勝)

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おじスクリーンヒーロー('08 ジャパンカップ・T2400・GI含む重賞2勝)

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おじディサイファ('16 AJCC・T2200m・GII含む重賞4勝)

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 祖母ベラミロード('00 東京盃・D1200m・GII含むDG競走2勝)

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おじヤマカツエース('17 金鯱賞・T2000m・GII含む重賞5勝)

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おばオツウ('16 福島牝馬S3着・T1800m・GIII

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 祖母はエーソングフォー('08 紅梅S・T1400m・OP)

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おばラピッドオレンジ('08 TCK女王盃・D1800m・JpnIII)、祖母オレンジピール('97 サンスポ杯4歳牝馬特別・T2000・GII)。熊本県産馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 半兄トーホウジャッカル('14 菊花賞・T3000m・GI

 

オカルト配合としてピックするのは1頭です。

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

タリスマニックディープインパクトと同じ牝系に属していることから、母父ディープインパクトの肌馬にタリスマニックを配合すれば、比較的容易に牝馬インクロスが作れます(Burghclereの4×5)。しかし、ボトムラインを介しない牝馬インクロスに大きな意味はないと私は考えています。

ピックしたクラウンアゲイン2020はそのボトムラインを介したBurghclereインクロスを持っています。ゆえにオカルトが成立すると見てピックアップしました。

母も3勝を挙げており、近親にも勝ち上がりが多く出ています。1勝は出来そうな馬と見ました。

余談ですが、タリスマニックが母父に持っているMachiavellianを生かしたインクロスはこのようになります。

結果表示|架空血統表|トピックス|JBISサーチ(JBIS-Search)

谷川牧場さんはこの牝系を多く輸入されておられ、狙ってきていたら面白いなあと考えていたのですが、初年度は健康的な配合を1頭のみ、2年目は配合なしと、今ひとつ響いておられない印象です。

また、配合馬で見てみると、牝馬クロス狙いとダート馬をイメージした配合が多いように見受けられましたが、この馬は5代血統表を見たときに「オーストラリアっぽいなあ」と感じたので、芝に出そうな気がしています。

以上、2022年新種牡馬タリスマニック編でした。

2022年新種牡馬:サトノダイヤモンド

こんにちは。高津です。

 

今回は114頭の種付け・91頭の産駒登録がなされたサトノダイヤモンドについて、考察していきます。

※アイコン写真は『サトノダイヤモンド(Satono Diamond) - 社台スタリオンパレード2021 - YouTube』より転用しています。

種牡馬データ

2013年1月30日生

安平・ノーザンファーム生産

繋養先:胆振・社台SS

種付け料:受胎条件300万円(フリーリターン特約)

 

血統(配合種牡馬

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard Northern Dancer
Goofed
Lady Rebecca Sir Ivor
Pocahontas
Burghclere Busted Crepello
Sans Le Sou
Highclere Queen's Haussar
Highlight
マルペンサ
Orpen
Lure
Northern Dancer
Pas de Nom
Endear
Alydar
Chappaquiddick
Bonita Francita
Devil's Bag
Halo
Ballade
Raise the Standard
Hpoist the Flag
Natalma
Marsella
Southern Halo
Halo
Hail to Reason
Cosmah
Northern Sea
Nothern Dancer
Sea Saga
Riviere
Logical
Buckpasser
Smart Deb
Talonada
Tatan
Ravana

 

父:ディープインパクトサンデーサイレンスHaloHail to ReasonTurn-to

  →Royal ChargerNearco→Pharos→Phararis

母:マルペンサ

母父:OrpenLureDanzigNorthern DancerNearcticNearco

   →Pharos→Phararis

祖母父:Southern HaloHaloHail to ReasonTurn-toRoyal ChargerNearco

    →Pharos→Phararis

三代母父:Logical→BuckpasserTom Fool→Menow→PharamondPhalaris

四代母父:TatanThe Yuvuraj→Fairway→Phalaris

 

ファミリーライン

南米系の血統であり、現地で5代続いた血統ですが、私はスペイン語ができないので、英語資料がある範囲でのみ記載します。

三代母Riviereは7戦5勝の成績を残したアルゼンチン産馬です。アルゼンチンGIIのロザリオジョッキークラブ大賞を制しています。繫殖牝馬としては、複数頭の勝ち馬を送り出しているようです。

祖母Marsellaは1戦0勝の成績を残したアルゼンチン馬です。競走馬としては未勝利に終わりましたが、後述のマルペンサを含む3頭の産駒が複数の勝利を上げています。また、マルペンサの全妹に当たるMarina Romeaからは2020年のジョッキークラブ大賞(T2000m・亜GI)を勝ったMarignacが出ています。

マルペンサは18戦5勝の成績を残したアルゼンチン産馬です。当地のGIを3勝しました。サトノダイヤモンド以外には半妹でステイゴールド産駒のリナーテ('19 京王杯SC2着・T1400m・GII)、全弟のサトノジェネシスが勝利を上げています。

属している1-w族は南半球で大きな勢力を築いている系統です。4代母Talonadaの子孫からは4頭のGI馬が生まれており、おおむね優秀な成績を残している、能力の高い牝系といえます。

 

同配合馬

サンデーサイレンス種牡馬×Danzig牝馬の組み合わせからは、ジェンティルドンナ(父ディープインパクト×母父Bertolini、'12 牝馬三冠)、ロジャーバローズ(父ディープインパクト×母父Librettist、'19 東京優駿・T2400m・GI)、サトノアレス(父ディープインパクト×母父デインヒル、'16 朝日杯FS・T1600m・GI)が出ています。

 

ディープインパクトは日本で大勢力を築いている有力父系で、母父としてはGIも送り出しています。

ディープインパクトは極めて能力の高い長距離馬で、スピード能力とトップスピード持続力で中距離をも制圧して見せましたが、種牡馬としてはマイル~中距離を本領とする早熟系の軽量級産駒が多く、父の後継者と見られていたコントレイルもステイヤー能力で父に比肩するには至らず、この系統は後継者不在でいずれ消滅することになると見ています。

モーリス種牡馬デビュー以降はディープインパクトの母父AlzaoLyphardを生かした配合がトレンドのようになっており、これは全兄のブラックタイドとその後継者キタサンブラックも共通といえるでしょう。

 

戦績

2015年(2歳)2戦2勝 新馬、500万下

2016年(3歳)6戦4勝 きさらぎ賞GIII)、皐月賞GI)③、東京優駿GI)②、神戸新聞杯GII)、菊花賞GI)、有馬記念GI)

2017年(4歳)4戦1勝 阪神大賞典GII)、天皇賞・春GI)③、フォワ賞GII)④

2018年(5歳)6戦1勝 金鯱賞GII)③、京都大賞典GII)

キャリア計  18戦8勝

 

栗東池江泰寿厩舎で競走生活を送りました。当時も有力馬がひしめく有力厩舎で、トップホースには2015年の宝塚記念(T1600m・GI)と天皇賞・秋(T2000m・GI)を制したラブリーデイが挙げられそうです。同期生には2016年の京成杯(T2000m・GIII)を制したプロフェットがいます。1期下には2017年の皐月賞(T2000m・GI)と2019年の大阪杯(T2000m・GI)を制したアルアイン、2017年のマイルCS(T1600m・GI)を制したペルシアンナイト、2018年エプソムC、2020年関屋記念サトノアーサーがいます。

 

考察

戦績を見れば「遅咲きのステイヤー」と見ることもできそうですが、ステイヤーに必須な成長力に欠ける印象で、私の見解は「早熟系のディープインパクト産駒の域を出ない」という印象です。よって、産駒はステイヤー気質をマイルに押し込めるLyphardのインクロスより、HaloBuckpasserを強調する方向のインクロスが合うのでは、と考えます。

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

最初にピックしたこの1頭は、HaloBuckpasserのインクロスの双方を持ち(Buckpasserマルゼンスキーの母父の形)、合いそうな形のインクロスを形成しています。母を含め近親馬に2勝馬すら見当たらず、かなり遠い近親にNoted and Quoted('16 シャンデリアS・D8.5F・GI)がいるのみです。牝系からは”打率”を望めませんが、こういったところに目をつけるのが血統オカルティストとしての役目でしょう。

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

次のピック馬も同系統のインクロスで”攻めた”1頭です。もはや珍しくもなくなったサンデーサイレンス3×3のインクロスを介したHalo4×4・4×5のインクロス、合わないのではといいながらも乗っていると注目してしまうLyphardの4×5、仕上げにBuckpasser6×6。

こちらも牝系がサッパリのため可能性は望むべくもありませんが、やはり気は配っておきたいところです。

オカルトへの肩慣らしが済んだところで、もう少し確率の高そうなオカルト配合馬をピックしましょう。

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

いささかダンシングブレーヴの過剰積載な気はしますが、Lyphardの5×5・5×5、Halo4×5・5×5でオカルト度は高く、牝系は4代母に'88 桜花賞(T1600m・GI)のアラホウトク、母は中央5勝を挙げ、OP競走でも連対を果たしています。ディープ後継のダート傾向がどう出るかがカギでしょう。

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)

より可能性の高そうなオカルト配合は、社台C白老ファームの生産馬です。'13 京成杯(T2000m・GIII)2着馬で”GIIの門番”と一部で人気を得ていたアクションスターの半妹にあたり、Lyphard4×5を内包しています。POGロマン砲枠に入れるのはこの辺りがいいでしょう。

 

ここから先は、血統的に見どころのある馬をノーザン、非ノーザンに分けて記載していきます。

ノーザン系

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) いとこにワールドエース

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) いとこにワグネリアン

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母はアルゼンチンGI勝ち馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は仏産馬の米GI勝ち馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母はアルゼンチンGI馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母はオーストラリアGI勝ち馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母はイタリア1000ギニーオークス勝ち馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母はイタリア1000ギニー勝ち馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)  母は愛重賞勝ち馬、いとこにシゲルピンクルビー、シゲルピンクダイヤ姉妹

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母はアルゼンチンGI勝ち馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おばにエスメラルディーナ

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 祖母に米GI勝ち馬アゼリ

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おばにノームコア、クロノジェネシス

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 半兄シャケトラ

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 半兄サンデーウィザード、ヒーズインラヴ

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おばブラックエンブレム

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 祖母ライラプス

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母はドイツオークス勝ち馬

非ノーザン系

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 半兄ブラックホール

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は'09 小倉2歳S3着馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は仏独リステッド競走3着

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おじトリオンㇷ、おばクールキャット

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は'12 ファンタジーS勝ち馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)  母は愛GIII2勝

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 半兄ビッグアーサー

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は北米重賞馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search)  半兄タガノディアマンテ

_________|JBISサーチ(JBIS-Search) おばビッシュ、いとこワンダフルタウン

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は'07 紅梅S2着馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は北米重賞勝ち馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は'07 忘れな草賞3着馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は'15 フィリーズレビュー3着馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は'07 フェアリーS勝ち馬

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は'13 ターコイズS勝ち馬、おじダノンシャーク

血統情報:5代血統表|_________|JBISサーチ(JBIS-Search) 母は'12 エリザベス女王杯勝ち馬

 

以上、2022年新種牡馬サトノダイヤモンド編でした。

最近競馬で考えてること

 

はじめに

こんにちは、高津です。

2度、私の頭を使わない記事が続いてので、今回は最近暇に任せて考えていることを書き綴っていきたいと思います。

否定的な話が続きますが、広く議論を起こす意味で問題提起と私見を述べるものです。一方的な立場を基に対立論を否定する意図ではありません。

 

血統分類の意味

ある種牡馬に対して、父や祖父で区切って「〇〇系」という言い方をします。ディープインパクトであれば、「サンデーサイレンス系」、キングカメハメハであれば「キングマンボ系」または「ミスタープロスペクター系」。

ディープインパクトの産駒で全兄弟の、アルアインとシャフリヤールは全くタイプの違う競走馬として大成しています。同じくキズナは中距離以上で末脚を武器としていましたが、ミッキーアイルは1200-1600mの短距離で、軽快なスピードタイプの競走馬でした。個体の違いとはまた異なった共通の特徴があるのでしょうか。

同じ「サンデーサイレンス系」のダンスインザダークは息長い末脚で長距離で活躍する産駒(ザッツザプレンティスリーロールスなど)を多く送り出しましたが、産駒はダートを苦手とし、地方交流重賞を2勝する留まりました。

反面、ゴールドアリュールはダートを得意とする産駒(スマートファルコンエスポワールシチーコパノリッキーなど)を多く送り出し、産駒の芝重賞勝ちはタケミカヅチだけに留まっています。

個別に見れば見るほど、共通の特徴など存在せず、個体の特徴があるだけ、となるような気がしています。

 

地域分類の意味

血統予想をされている方の文章・動画で「北米系」「欧州型」という表現を目にしますが、どういう基準で線引きされているのか、気になっています。

Sadler's Wellsは「欧州型ノーザンダンサー」と述べられることの多い種牡馬と思いますが、その産駒El Pradoアメリカに渡り、ダートのトラヴァーズSを制したMedaglia d'OroやジョッキークラブゴールドカップのBorrngoを出しています。

反対に「北米系」に分類されそうなMr.Prospectorの産駒Seeking the Goldはダートのスーパーダービーを制しましたが、産駒はモーリストゲスト賞を制したシーキングザパールジャックルマロワ賞ドバイワールドカップを制したDubai Millenium、その仔からは仏2000ギニーDubawiDubawiからは「欧州型」の産駒が生まれていますが、途中で変質したというのでしょうか?

同じMr.Prospectorの産駒のKingmamboは日欧米それぞれの主流馬場でGI馬を送り出していますが、その場合はどこに適性があることになるのでしょうか?

 

上がり3Fの数字は瞬発力を示している?

これもよく言われている「約束事」のように思われますが、「東京競馬場は瞬発力が必要」、上がり3Fのタイムが速かった馬に対して「いい瞬発力がある」と使われる用語ですが、「瞬発力」の意味をインターネットで調べてみると、以下のように出ました。

 1 瞬間的に作動する筋肉の力。瞬間的に発揮できる手足のばねの力。「瞬発力のある短距離走者」
 2 判断が速く、即座に行動できる能力。「ビジネスチャンスをつかむ瞬発力」

   (デジタル大辞泉より)

ここから察するに、「瞬発力」は決め手と読み替えるのが正しいのかもしれません。

 

おわりに

しょーもない話ですが、競馬の専門チャンネルを見ていても適当に言葉を使っているのでは…? と感じさせる記者さんがちらほらおられるのが現状にひっかかることがしばしばなので、「考えていること」としてオープンにしてみました。

一度考えてみてもらえると幸いです。

日本競馬の父系樹形図(ウマ娘もいるよ!)

 

はじめに(記事の読み方が書いてあります)

こんにちは、高津です。オーストラリア競馬の父系樹形図を作成した続きのような内容です。

ウマ娘で人気が出始めた馬たちとともに、日本競馬の父系系統を振り返っていきます。

話を進める上で、先にルールを示しておきます。

 

・日本産馬(ウマ)、日本に輸入された馬(ウマ)はカタカナで表記し、海外産馬はアルファベット表記する。ウマ娘から入ってこられた方のため、アルファベット馬名は代表的な読み方を併記する。

・世代把握のため、生年を併記する。

・樹形図は、JBIS-Seachの2021年種牡馬データに基づいて作成する。

・「父系樹形図」のため、牝馬は樹形図に含めない。父馬(ウマ)名から矢印で表記する。

・見やすさと複雑化回避のため、区切りを設けるが、これは便宜上のものであることを認識する。

 

以上のルールの下この記事を進行していきます。

 

はじめに、下に示す樹形図を覚えておいてください。

 

Nearcoネアルコ)1935

 Royal Charger(ロイヤルチャージャー)1942

 |Turn-to(ターントゥ)1951

 | Hail to Reasonヘイルトゥリーズン)1958→個別項目

 Nasrullahナスルーラ)1940→個別項目

 Nearcticニアークティック)1954

 |Northern Dancerノーザンダンサー)1961→個別項目

 

この図はHail to Reasonヘイルトゥリーズン)はTurn-to(ターントゥ)の、Turn-toはRoyal Charger(ロイヤルチャージャー)の、Northen Dancer(ノーザンダンサー)はNearcticニアークティック)の子供(産駒)であることを示しています。同様に、NearcticNasrullah、Royal ChargerはそれぞれがNearcoネアルコ)の子供(産駒)です。この3頭の子孫は非常に活躍しており、各々に項目を設けて記載していきます。

また、ウマ娘登場馬は太字で表記します。ウマ娘の登場馬だけを見たい人は太字を追ってください。

では、個別の項目に移っていきます。

 

Hail to Reasonヘイルトゥリーズンウマ娘:20頭

Hail to Reason

 Halo(ヘイロー)

 |サンデーサイレンス

 | アッミラーレ 1997

 |  ハッピースプリント 2011

 | アグネスタキオン 1998 ダイワスカーレット  2004

 |  アドマイヤオーラ 2004

 |   ハウライト 2012

 |  ディープスカイ 2005

 |   キョウエイギア 2013

 |   サウンドスカイ 2013

 |  ノーザンリバー 2008

 | アドマイヤベガ 1996 母はユキノビジンとクラシックを争った。母は(ユキノビジンとの比較で)醜女と言われていたが、端正な顔立ちで人気があった。

 | アドマイヤマックス 1999

 | エアシャカール 1997 ハナ差でダービーを逃したことから”準三冠馬”とも。気性難で「頭の中を見てみたい」と言われていた。

 | エイシンサンディ 1993

 |  セイクリムズン 2006

 |  ホールウォーカー 2003

 | オンファイア 2003

 | サムライハート 2002

 | ゴールドアリュール 1999

 |  エスポワールシチー 2005

 |  エピカリス 2014

 |  コパノリッキー 2010

 |  ゴールドドリーム 2013

 |  スマートファルコン 2005 ロケットスタートの使い手。”師匠”、”先生”とも呼ばれた。

 |  リコーソッピース 2014

 | ゴールドヘイロー 1997

 |  トウケイヘイロー 2009 

 | サイレンススズカ 1994

 | スウィフトカレント 2001

 | ステイゴールド  1994 漢字表記は”黄金旅程”。キンイロリョテイ

 |  ウインブライト 2014

 |  エタリオウ 2015

 |  オルフェーヴル 2008 人呼んで”金色の暴君”。2011年にクラシック三冠を達成。

 |   エポカドーロ 2015

 |  グランシルク 2012

 |  ゴールドシップ 2009 管理調教師の須貝師は、母ポイントフラッグに騎乗経験がある。

 |  ジュンツバサ 2012

 |  ショウナンバッハ 2011 半弟はキタサンブラック(馬の世界では同じ母から生まれた馬をきょうだいと見なす。半弟は父親違いの弟)。

 |  ドリームジャーニー 2004 全弟(父母同じ兄弟のこと)はオルフェーヴル

 |  ナカヤマフェスタ 2006 2010年凱旋門賞2着。合言葉は”チームすみれの花”。

 |  フェノーメノ 2009 2012・2013年の春の天皇賞ゴールドシップを破り連覇を達成。ゴールドシップがレースをそっちのけに負かそうとしたとか。

 |  リヤンドファミユ 2010 全兄はドリームジャーニーオルフェーヴルクラウドファンディング種牡馬入り。

 |  レインボーライン 2013 勝った重賞は1600mから3200m。

 | スペシャルウィーク 1995 引退当初は獲得賞金の世界レコードを保持していた。

 |  トーホウジャッカル 2011 父はセイウンスカイに敗れた菊花賞を3.01.0のスーパーレコードで勝利。

 |  リーチザクラウン 2006

 | ゼンノロブロイ 2000 2004年に秋古馬三冠(秋シニア三冠)を達成。驚異的なのは、2カ月余りで激戦続きのGIを3戦し、連勝して見せた。翌年はイギリス遠征し2着。

 | ダイワメジャー 2001 半妹(父違いの妹)はダイワスカーレット。自身もGI5勝。

 |  アドマイヤマーズ  2016 今年は季節が逆のオーストラリアに出張。

 |  カレンブラックヒル 2009 オーナーはカレンチャンと同じ。NHKマイルCを逃げ切って勝利。

 |  コパノリチャード 2010

 |  ブルドッグボス 2012

 | ダンスインザダーク 1993

 |  ザサンデーフサイチ 2004 テレビ番組名より命名。母エアグルーヴの超良血。

 | ディープインパクト 2002 言わずと知れた日本競馬史上2頭目の無敗三冠馬

 |  アドミラブル 2014

 |  アルアイン 2014 全弟は2021年の日本ダービー馬シャフリヤール。自身は皐月賞大阪杯を制覇。

 |  アレスバローズ 2012

 |  ヴァンキッシュラン 2013

 |  ヴァンセンヌ 2009

 |  ウォータービルド 2014

 |  エイシンヒカリ 2011

 |  エキストラエンド 2011

 |  キズナ 2010

 |  キタノコマンドール 2015 名付け親は北野武ビートたけし)氏。

 |  キモンノカシワ 2009

 |  グレーターロンドン 2012

 |  サトノアラジン 2011

 |  サトノアレス 2014

 |  サトノダイヤモンド 2013 セリ取引価格は2億円オーバー。キタサンブラックとの通算対戦成績は2戦1勝1敗。

 |  サングレーザー 2014

 |  シルバーステート 2013

 |  スピルバーグ 2009 ゴールドシップ同期。東京コースを苦手にしたゴールドシップに対して東京コースを大の得意とし、全5勝を挙げた。天皇賞秋を制覇。

 |  ソールインパクト 2012

 |  ダノンシャーク 2008

 |  ダノンバラード 2008 ディープインパクト初の重賞勝ち馬。一度イタリアに出国も、買い戻された。

 |  ディープエクシード 2013

 |  ディープブリランテ 2009 ゴールドシップの同期。激戦を制してダービー馬の栄冠を得るも、故障で若くして引退。

 |  ディーマジェスティ 2013

 |  トーセンホマレボシ 2009 日本ダービーではゴールドシップに先着(3着)。その後故障引退しディープインパクト後継種牡馬1号となった。

 |   ミッキースワロー 2014

 |  トーセンラー 2008 スピルバーグの全兄。こちらは京都コースを大の得意とし、天皇賞春で2着に入ったが、マイルチャンピオンシップでGI制覇。

 |  トーセンレーヴ 2008

 |  フィエールマン 2015

 |  ヘンリーバローズ 2015

 |  マイティスピリット 2015

 |  ミッキーアイル 2011

 |  ミッキーグローリー 2013

 |  メジロダイボサツ 2008 母メジロドーベルでデビュー時は"十二冠ベイビー"として評判に。

 |  リアルインパクト 2008 ディープインパクト産駒初のGI馬。3歳(クラシック級)で安田記念を制覇。

 |  リアルスティール 2012

 |  レッドベルジュール 2017

 |  ロジャーバローズ 2016

 |  ワールドエース 2009

 | ネオユニヴァース 2000

 |  アンライバルド 2006

 |  ゴールスキー

 |  ロジユニヴァース 2006

 | ハーツクライ 2001

 |  ウインバリアシオン 2008 オルフェーヴルのライバル。現在は青森で反撃の牙を研ぐ。

 |  ジャスタウェイ 2012 元サラブレッドワールドランキング首位。オーナーはアニメ銀魂の脚本家。

 |  シュヴァルグラン 2012 オーナーは元プロ野球選手の佐々木主浩氏。

 |  スワーヴリチャード 2014

 |  ワンアンドオンリー 2011

 | フジキセキ 1992 2歳時の傑出した完成度から”幻の三冠馬”と呼ばれた。ただの早熟という人もいる。

 |  イスラボニータ 2011

 |  カネヒキリ 2002

 |   ディオスコリダー 2014

 |   ロンドンタウン 2013

 |  キンシャサノキセキ 2003 フジキセキが出張したオーストラリアで配合されて生まれた産駒を日本に輸入して走らせたというこんがらがりそうな馬。高松宮記念を制覇。

 |   モンドキャンノ 2014

 |  ダノンシャンティ 2007 エイシンフラッシュの同期。NHKマイルCを制覇してダービーに挑むも、故障で出走できなかった。

 |   スマートオーディン 2013 スマートファルコンと同オーナー。

 | ブラックタイド 2001 ディープインパクトの全兄。GIIスプリングSを制覇。

 |  キタサンブラック 2012 逃先差自在の万能チャンピオンホース。母の父はサクラバクシンオー

 | マツリダゴッホ 2003

 | マンハッタンカフェ 1998 その姿から"サンデーサイレンスの生き写し"とまで言われた。自身は長距離を得意にしたが、産駒はむしろ短中距離向き。

 |  カフェラピード 2008

 |  ガルボ 2007

 |  ジョーカプチーノ 2006

 |  ラブイズブーシェ 2009

  | マーベラスサンデー 1992 ゲート裏での待機時に小用をする癖があった。気合が入るとやったとか。

 |  タツゴウゲキ 2012

 |Devil's Bag(デビルズバッグ) 1981

 | タイキシャトル 1994 "マイルの怪物"。日本馬による海外GI制覇をシーキングザパールにかっさらわれた。

 |  エーシンシャラク 2008

 |  メイショウボーラー 2001 メイショウドトウと同オーナー。フェブラリーSを制覇。

 |  レッドスパーダ 2006

 | Devil His Due 1989

 |  ロージズインメイ 2000

 

 Roberto(ロベルト) 1969

 |ブライアンズタイム 1985

 | タイムパラドックス 1998

 |  ソルテ 2010

 | タガノゲルニカ 2002

 | タニノギムレット 1999→ウオッカ 2004 現状日本最後のスターホース

 |  クレスコグランド 2008

 |  ハギノハイブリッド 2011

 | ナリタブライアン 1991 あまりに強く一般認知され、とあるテレビ番組ではポニーの「ナリタブラリアン」が登場した。筆者が生まれて最初に覚えた馬の名前。

 | バーディバーディ 2007

 | フリオーソ 2004

 | マヤノトップガン 1996 管理調教師は関西TV系の競馬番組でおなじみ坂口正大氏。変幻自在ではなく、気性が悪くプランが立てられなかったとの伝も。

 |  チャクラ 2000

 | ロードバリオス 2005

 |リアルシャダイ 1979

 | ライスシャワー 1989

 |Kris S.クリスエス) 1977

 | シンボリクリスエス 1999

 |  エピファネイア 2010

 |  ストロングリターン 2006

 |  フロリダパンサー 2011

 |  ルヴァンスレーヴ 2015

 | Arch 1995

 |  Blame 2006

 |   ナダル 2017

 |Silver Hawkシルヴァーホーク) 1979

 | グラスワンダー 1995

 |  クラウンレガーロ 2010

 |  スクリーンヒーロー 2004

 |   グァンチャーレ 2012

 |   ゴールドアクター 2011

 |   モーリス 2011

 |  ミキノバンジョー 2007

 

Nasrullahナスルーラウマ娘:12頭

Nasrullah 1940

 Bold Rulerボールドルーラー)1954

 |Boldnesian(ボールドネシアン) 1963

 | Boldreasoning(ボールドリーズニング) 1968

 |  Seattle Slewシアトルスルー) 1974

 |   A.P.Indyエーピーインディ) 1898

 |    マジェスティックウォリアー 2005

 |     ベストウォーリア 2010

 |    Bernardini(バーナディニ) 2003

 |     レガーロ 2013

 |    Pulpitプルピット) 1994

 |     パイロ 2005

 |     Lucky Pulpit(ラッキープルピット) 2001

 |      カリフォルニアクローム 2011

 |    Old Trieste 1995

 |     シニスターミニスター 2003

 |    Tapitタピット) 2001

 |     クリエイター2 2013

 |     ラニ 2013

 Grey Sovereign(グレイソヴリン) 1948

 |フォルティノ

 | シービークロス

 |  タマモクロス 1984

 | シャルード1983

 |  ビワハヤヒデ 1990

 | Caro 1967

 |  Cozzene 1980

 |   アドマイヤコジーン 1996

 |    スノードラゴン 2008

 |ゼダーン 1965

 | Kalamounカラムーン) 1970

 |  カンパラ 1976

 |   トニービン 1983→エアグルーヴ 1993 牡馬を蹴散らして「このレベルでは全く相手になりません!」と実況された伝説を持つ。

 |    ウイニングチケット 1990 ダービーで全力を出し尽くし、燃え尽きてしまった「典型的なダービー馬」。キャラは好き。

 |    ジャングルポケット 1998

 |     トーセンジョーダン 2006 ウマ娘ではギャルキャラだが、実馬は良血ファミリーのお坊ちゃま。

 |     オウケンブルースリ 2005 トーホウジャッカルが更新するまでデビューから最短日数で菊花賞を勝利した記録を持っていた。マッチョ。

 

 Never Bendネヴァーベンド) 1960

 |Mill Reef(ミルリーフ) 1968 馬名の由来は同名の環礁から。本馬から名前を取ったスニーカーブランドがある。

 | ミルジョージ  1975

 |  イナリワン 1984 もとは公営大井に所属。3200m時代の東京大賞典勝利経験がある。

 | マグニテュード 1975

 |  ミホノブルボン 1989 父は良血ながら出走経験がなかった。産駒が父の力を証明した好例。

 |Rivermanリヴァーマン) 1969

 | リヴリア 1982

 |  ナリタタイシン 1990 鮮烈な印象を残した皐月賞後はなかなか歯車がかみ合わなかった。BNWで一番最後まで現役を続けていた。

 

 Princely Giftプリンスリーギフト) 1951

 |テスコボーイ 1963

 | サクラユタカオー 1982 3200mから2000mに短縮された天皇賞・秋を制覇。→ユキノビジン 1990 当初は公営・岩手に所属。アドマイヤベガの母ベガとはライバル関係を結んだ?

 |  サクラバクシンオー 1989 実はミホノブルボンと同期。スプリングSで対戦歴もある。

 |   グランプリボス 2008

 |   サクラゼウス 2004

 |   ショウナンカンプ 1998

 |    ミキノドラマー 2013

 |   ビッグアーサー 2011

 | トウショウボーイ 1973 ”天馬”、”お助けボーイ”と呼ばれ、多くの中小牧場の破産を救ったとの伝がある。スイープトウショウと同オーナー。

 |  ミスターシービー 1980 19年ぶりの3冠を達成した名馬。なお翌年

 

 Red Godレッドゴッド) 1954

 |Blushing Groom(ブラッシンググルーム) 1974 馬名意味は”赤面する花婿”。母名Runaway Bride(逃げる花嫁)からの連想との説。

 | クリスタルグリッターズ 1980

 |  マチカネフクキタル 1994 神戸新聞杯ではサイレンススズカを差し切り、京都新聞杯も勝利。その勢いのまま菊花賞まで制覇。秋の強さは本物だった。

 | Candy Stripes(キャンディストライプス) 1982

 |  Leroidesanimauxルロワデザニモー) 2000

 |   アニマルキングダム 2008

 | Nashuwan(ナシュワン) 1986

 |  バゴ 2001

 

 

Northern Dancerノーザンダンサーウマ娘:22頭

Northern Dancer 1961

 ヴァイスリーガル 1966 全弟はVice Regent(後述)。

 |ゴールドシチー 1984 ウマ娘のシナリオは阪神JFから三冠路線への切り替えの理由付けがもの凄く上手かった印象。実馬はダートも走れた。

 

 ナイスダンサー 1969 ナイスですねぇ。

 |ナイスネイチャ 1988 有馬記念3年連続3着、地味だけどすごい記録。10数年のファン生活で見たことない。

 

 ノーザンテースト 1971 推定秋川理事長。チビッ子ではない。

 |アスワン 1979

 | メジロアルダン 1985 GI複数勝ちの馬たちの中に放り込まれると実績的には辛い感。

 |アンバーシャダイ 1977 サクラバクシンオーのおじさん(お母さんの全兄)。天皇賞・春有馬記念を制覇。たぶんバクシンオーが長距離にこだわる理由。

 | メジロライアン 1987 最後の重賞馬が出たのは2010年(2005年産)。現役がタフなら種牡馬としてもタフ。→メジロドーベル 1994 えっち。

 |マチカネタンホイザ 1989 クモ食って蕁麻疹出て出走取消とか、不運エピソードに事欠かない。その分愛されてるともいえる。

 

 Danzig(ダンジグ) 1977 ポーランドの都市グダンスクの古名より名付けられる。読み方は諸説。英語読みを記載。

 |ビコーペガサス 1991 440kg程度と、体はあまり大きな方ではなかった。1995年のスプリンターズSヒシアケボノとの競り合いは、なんだか複雑。

 |Chief's Crown 1982

 | チーフベアハート 1993

 | Concerto 1994

 |  Bellamy Road 2002

 |   トビーズコーナー 2008

 |  チェリークラウン 2004

 |Danhill(デインヒル) 1986

 | ファインモーション 1999 見た目は牝馬と変わりなかったが、染色体異常で男性でもあった模様。じょいなー?

 | Dansili(ダンシリ) 1996

 |  ハービンジャー 2006

 |   アグニシャイン 2014

 | Exceed and Excelエクシードアンドエクセル) 2000

 |  Helmet(ヘルメット) 2008

 |   サンダースノー 2014

 | Redoute's Choice(リダウツチョイス) 1996

 |  スニッツェル 2002

 |   ヤングマンパワー 2012

 |Boundary(バウンダリー) 1990

 | Big Brownビッグブラウン) 2005

 |  アポロソニック 2010

 |Green Desert (グリーンデザート)1983

 | Cape Crossケープクロス) 1994

 |  オールステイ 2011

 |  ベーカバド 2007

 |  Goiden Horn(ゴールデンホーン) 2012

 |   ゴールデンマンデラ 2017

 |Langhuhr(ラングフール) 1992

 | アポロケンタッキー 2012

 |War Front(ウォーフロント) 2002

 | アメリカンペイトリオット 2013

 | デクラレーションオブウォー 2009

 

 Lyphard(リファール) 1969 フランス人バレエダンサー、セルジュ・リファールより名付けられる。知らないとまず読めない。仏語ややこしすぎる。

 |ダンシングブレーヴ 1983 名前がひたすらにかっこいい。これで凱旋門賞馬。完璧。

 | キングヘイロー 1995 キングちゃんの厳しいマッマはアメリカでGI7つ勝ってるスーパー牝馬。世界的良血。さすキン。→カワカミプリンセス 2003 かなり珍しいオークス秋華賞牝馬二冠馬。気性難は知らなかった。

    ローレルゲレイロ 2004 2009年春秋スプリントチャンピオン。

    キタサンミカヅキ 2010 中央ではOPで苦戦していたが、地方移籍をきっかけに才能開花。オーナーはキタサンブラックと一緒。

 | ホワイトマズル 1990

 |  シルポート 2005

 |  ニホンピロアワーズ 2007

 |  バンドワゴン 2011

 |モガミ 1976 サンデーサイレンスが入って来るまでは気性難の代表的種牡馬だった。スタミナ豊かな産駒が多かったとの伝。

 | シリウスシンボリ 1982 モガミ産駒の典型的な気性難馬でもあった。ダンシングブレーヴがぶっちぎった凱旋門賞に参戦していた。

 |ライラリッジ 1981

 | ツインターボ 1988 実馬の実績はGIII勝ち3つ。公営上山を経て、宮城県種牡馬になるも、早世してしまった。

 |

 |リイフォー 1975

 | ニッポーテイオー 1983 →ハルウララ 1996 "負け組の星"。とにかく丈夫だったので113戦をこなすことができた。血統マニア的には面白い配合なのだが…。

 

 Nijinskyニジンスキー) 1967 伝説のロシア人バレエダンサー、ヴァーツラフ・ニジンスキーより名付けられる。イギリスクラシック最後の三冠馬で、名種牡馬

 |マルゼンスキー 1974 ニジンスキーブームの火付け役。

 | サクラチヨノオー 1985 シンデレラグレイではストーリーの都合上若干影が薄い。

 |ヤマニンスキー 1975 母の父もマルゼンスキーと同じでマルゼンスキーの代用種牡馬として用いられた。現役時代は中央5勝なのでまずまず強い。

 | ヤエノムテキ 1985 シンデレラグレイでは毎日杯でボコされた後の皐月賞が敗者復活戦みたいな扱いだったのでいまいち影が薄い。サッカーbディクタストライカとの中スポ4歳Sの再現が見たい。

 |Green Dancerグリーンダンサー) 1972 

 | ノーアテンション 1978

 |  スーパークリーク 1985 母性の権化。"天才を天才にした馬"だからね、仕方ないね。男馬だけど。

 

 Nureyev(ヌレイエフ) 1977 ロシア人バレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフより名付けられる。人はヌレエフ、馬はヌレイエフ。日本語って難しい

 |Theatrical(シアトリカル) 1982 ”地方の星”コスモバルクの祖父でもある。

 | ヒシアマゾン 1991 引退後はアメリカで繁殖生活を送る。子孫は輸入されて日本にいる。

 

 Sadler's Wells(サドラーズウェルズ) 1981 馬名の由来はロンドンの劇場より。子孫には舞台関連由来の馬名がちらほら。

 |オペラハウス 1988 古馬(シニア級)になってから頭角を現してイギリスの大レースを制した。種牡馬としてはタフネスに長ける産駒が多い印象。

 | テイエムオペラオー 1996 自分にはただのネタキャラに映るのだが、ウマ娘夢女四天王5人の一人とか。書いててなんのこっちゃ

 | メイショウサムソン 2003 生まれもレースも地味。でも強い。ウマ娘化待ってる名馬の1頭。メイショウドトウと同オーナー。

 |El Pradoエルプラド) 1989

 | Kitten's Joy(キトゥンズジョイ) 2011

 |  ホークビル 2013

 | Madeglia d’Oro(メダグリアドーロ) 1999

 |  ヴィットリオドーロ 2009

 |  タリスマニック 2013

 |Galileoガリレオ) 1998

 | ケープブランコ 2007

 | ノーブルミッション 2009

 | Frankel(フランケル) 2008

 |  モズアスコット 2014

 | Teofiloテオフィロ) 2004

 |  リッチーリッチー 2013

 |In the Wingsインザウイングス) 1986

 | Singspielシングスピール) 1992

 |  ローエングリン 1999

 |   ロゴタイプ 2010

 

 Storm Bird(ストームバード) 1978

 |Storm Catストームキャット) 1983

 | Bernstein(バーンスタイン) 1997

 |  ゴスホークケン 2005

 |   マルターズアポジー 2012

 | Future Stream(フューチャーストリーム) 1990

 |  フィガロ 1995

 |   プレティオラス 2009

 | Forestry(フォレストリー) 1996

 |  ディスクリートキャット 2003

 | Forest Wildcat(フォレストワイルドキャット) 1991

 |  Wildcat Heir(ワイルドキャットヘアー) 2000

 |   ルックスザットキル 2012

 | Giant's Causeway(ジャイアンツコーズウェイ) 1997

 |  エスケンデレヤ 2007

 |  スズカコーズウェイ 2004

 |  ブリックスアンドモルタル 2014

 | Harlan(ハーラン) 1989

 |  Harlan's Horiday(ハーランズホリデイ) 1999

 |   シャンハイボビー 2010

 | Tale of the Catテイルオブザキャット)1995

 |  エーシントップ 2010

 |  Gio Ponti(ジオポンティ)2005

 |   ドレフォン 2013

 | スタチューオブリバティ 2000

 |  サングラス 2011

 | ヘネシー 1993

 |  ヘニーヒューズ 2003

 |   アジアエクスプレス 2011

 |   オーヴァルエース 2016

 |   サウンドボルケーノ 2008

 |   ヘニーハウンド 2008

 |   モーニン 2012

 |  ヨハネスブルグ 1999

 |   ネロ 2011

 |   Scat Daddy 2004

 |    ミスターメロディ 2015

 |Summer Squall 1987

 | カリズマティック 1996

 |  ワンダーアキュート 2006

 

 Topsider(トップサイダー) 1974

 |デュラブ 1982

 | シンコウウインディ 1993 競り合った馬に噛み付こうとしたことから噛み付きキャラが設定された? 

 Try My Bestトライマイベスト) 1975

 |ラストタイクーン 1983

 | Marju 1988

 |  サトノクラウン 2012

 |  Martino Alonso 1994

 |   Ramonti 2002

 |    マクマホン 2014

 |Bigstone(ビッグストーン) 1990

 | メイショウドトウ 1996 別の馬と併せて500万で買われてきたという伝あり。最終獲得賞金は9億2000万余り。夢、ありますねえ。

 

 Vice Regentヴァイスリージェント) 1967 全兄はゴールドシチーの父ヴァイスリーガル

 |Deputy Minister(デピュティミニスター) 1979

 | フレンチデピュティ 1992

 |  クロフネ 1998 名前はクロフネだけど見た目は白い。→カレンチャン 2007 オーナーは”これぞ”という馬に名付けようと温めていた馬名だそう。祖母父にマルゼンスキーの名前がある。

 |   オウケンワールド 2012

 |   テイエムジンソク 2012

 |  ロールボヌール 2012

 | Silver Deputy(シルヴァーデピュティ) 1985

 |  Posse(ポッセ) 2000

 |   マインドユアビスケッツ 2013

 

Djebelジェベルウマ娘:4頭

Djebel 1937

 My Babu(マイバブー) 1945

 |Milesian(マイリージャン)1953

 | パーソロン 1960

 |  シンボリルドルフ 1981 神聖ローマ帝国のルドルフ2世から名付けられた。同時にアナウンサー泣かせの馬名でもあった。

 |   トウカイテイオー 1988 柔軟性が非常に高く、ダイナミックなフォームゆえに負荷も大きく、幾度となく故障に泣かされた。前屈ネタはここからか。

 |    クワイトファイン 2010

 |  メジロアサマ 1966

 |   メジロティターン 1978

 |   メジロマックイーン 1987 ”名優”。20代前半の武豊の相棒。イクノディクタスが好きでたびたびモーションをかけていたが、”鉄の女”はなびいてくれなかったそう。

 |    ギンザグリングラス 2005

 

 Clarion(クラリオン) 1944

 |Klairon(クライオン

 | Luthier(リュティエ) 1685

 |  ダンディルート 1972 

 |   ビゼンニシキ 1981

 |    ダイタクヘリオス 1987 暴走ぶりから”天を衝く馬”との名もあったとの伝。

 

Fine Top(ファイントップ)ウマ娘:1頭

Fine Top 1949

 Sanctus 1960

 |ディクタス 1967

 | イクノディクタス 1987 競走生活4年半で51戦を消化した”鉄の女”。タフネスもさることながら、9勝を挙げて混合重賞4勝もすごい。

 

Herbagerエルバジェウマ娘:2頭

Herbager 1956

 シーホーク 1963

 |アイネスフウジン 1987 ツダケンダービーバ列伝かっこよかったねえ。早く実装されないかなあ。

 

 Grey Dawn(グレイドーン) 1962

 |モーニングフローリック 1975

 | バンブーメモリー 1985 主戦の武豊いわく、「走りたくて仕方ない馬」だったそう。理由は「自分の脚が速いのを見せつけたいから」。かわいい。ちなみ武パパ×豊タッグ唯一のGI馬。

 

Hyperionハイペリオンウマ娘:1頭

Hyperion 1930

 Aristophanes(アリストファーンズ) 1948

 |Forliフォルリ) 1963

 | ポッセ 1977

 |  シェリフズスター 1985

 |   セイウンスカイ 1995 京都大賞典菊花賞は強行軍ではない。

 

In Reality(インリアリティウマ娘:0頭

In Reality 1964

 Known Fact(ノウンファクト) 1977

 |ウォーニング 1985

 | カルストンライトオ 1998 「ニゲニゲ競馬」シリーズを見るとよくわかる馬。

 | サニングデール 1999

 

Native Dancerネイティヴダンサーウマ娘:8頭

Native Dancer 1950

 ダンシングキャップ 1968

 |オグリキャップ 1985 当時を知る上司いわく、「ゲーセンの景品がオグリだらけだった」とのこと。どんな人気だよ…

 

 Raise a Native 1961

 |Majestic Prince(マジェスティックプリンス) 1966

 | Majestic Light(マジェスティックライト) 1973

 |  ニシノフラワー 1989 ウマ娘ではスプリント専の印象があるが、芝2400のエリザベス女王杯(当時)で3着するなど、距離の融通が利いた。

 |Mr.Prospector 1970

 | アフリート

 |  スターリングローズ 1997

 |   アスカクリチャン 2007

 |  バンブーエール 2003

 |  Northern Afleet 1993

 |   Afleet Alex 2002

 |    セイントアレックス 2007

 | アルデバラン2 1998

 |  ダンスディレクター 2010 祖母がウイニングチケットの全妹。

 | エイシンダンカーク 1997

 |  オネストジョン 2004

 | フォーティナイナー 1985 ブライアンズタイムとは米クラシックの同期で対戦経験もある(4戦1勝1敗)。

 |  エンドスウィープ 1991→スイープトウショウ 2001 調教中に気に入らないことがあって2時間その場に立ち続けた伝説がある。

 |   アドマイヤムーン 2003

 |    ハクサンムーン 2009

 |    ファインニードル 2013

 |    レオアクティブ 2013

 |   サウスヴィグラス 1996

 |    カイロス 2010 公営福山→高知で活躍。ポケモンではない。

 |    キングプライド 2012

 |    ステッペンウルフ 2016 

 |    スパロービート 2005

 |    ナムラタイタン 2005

 |   スウェプトオーヴァーボード 1997

 |    パドトロワ 2007

 |    レッドファルクス 2011

 |   プリサイスエンド 1997

 |    グロリアスノア 2006

 |  コロナドズクエスト 1995

 |   セレスハント 2005

 |  ブリーズフレイバー 2007

 | Conquistador Cieloコンキスタドールシエロ) 1979

 |  Maquestry(マーケストリー) 1987

 |   スクワートルスクワート 1998

 | Crafty Prospector 1979

 |  アグネスデジタル 1997 マイルから中距離なら芝でもダートでも海外遠征でも対応してしまった精神力の怪物。戦法も自在。なんだこいつ

 |   コパのチャーリー 2012

 | Fusaichi Pegasusフサイチペガサス) 1997

 |  フサイチセブン 2006

 |   Roman Ruler 2002

 |    マスクゾロ 2011

 | Fappianoファピアノ) 1977

 |  Unbridledアンブライドルド) 1987

 |   エンパイアメーカー 2000

 |    バトルプラン 2005

 |    Pioneer of Nile(パイオニアオブナイル) 2006

 |     American Pharoahアメリカンファラオ) 2012

 |      フォーウィールドドライブ 2017

 |   Unbridled's Song(アンブライドルズソング) 1993

 |    ダンカーク 2006

 |    First Defence(ファーストディフェンス) 2004

 |     シスキン 2017

 | Gone West 1999

 |  ケイムホーム 1999

 |  Elusive Quality (イリューシヴクォリティ)1993

 |   Raven's Pass(レイヴンズパス) 2005

 |    タワーオブロンドン 2015

 | Kingmamboキングマンボ) 1990

 |  エルコンドルパサー 1995 凱旋門賞を本気で狙ってフランスへ1年間の長期遠征を敢行。メキシコ修行ではない。

 |   サクラオリオン 2002

 |   ソングオブウインド 2003

 |    アイファーソング 2008

 |   ルースリンド 2001

 |    ストゥディウム 2012

 |  キングカメハメハ 2001 

 |   ウエスタンパレード 2011

 |   キングリオ 2012

 |   サクラアンㇷ゚ルール 2011

 |   タイセイレジェンド 2007

 |   トゥザグローリー 2007

 |   トゥザワールド 2011

 |   ドゥラメンテ 2012 祖母はエアグルーヴ

 |   ハタノヴァンクール 2009

 |   ベルシャザール 2008

 |   ホッコータルマエ 2009

 |   ミッキーロケット 2013

 |   ミュゼスルタン 2012

 |   ヤマカツエース 2012

 |   ラブリーデイ 2010

 |   リオンディーズ 2013

 |   ルーラーシップ 2007 母はエアグルーヴ

 |   レイデオロ 2014

 |   レーヴミストラル 2012

 |   ロードカナロア 2008

 |    サートゥルナーリア 2016

 |    ユアーズトゥルーリ 2016

 |  キングズベスト 1997

 |   エイシンフラッシュ 2007 筆者は未勝利とエリカ賞の2回現地で見ていたが、すっかり忘れていた。アホはこれだから

 |  Lemon Drop Kid

 |   アポロキングダム 2003

 |   ビーチパトロール 2013

 | Machiavellian 1987

 |  ストーミングホーム 1998

 |   サドンストーム 2009

 |  Street Cry 1998

 |   ニューイヤーズデイ 2011

 | Our Emblem 1991

 |  ウォーエンブレム 1999

 |   オールブラッシュ 2012

 | Seeking the Gold 1985→シーキングザパール 1994 日本調教馬初の海外GI制覇を達成。息子はシーキングザダイヤ

 |  マイネルラヴ 1995

 |   ボアゾンブラック 2009 ゴールドシップとは同じ牧場生まれの幼馴染。夢の配合、見たい。

 |  ロードアルティマ 2000

 |  Dubai Millenium 1996

 |   Dubawi 2002

 |    モンテロッソ 2007

 |    マクフィ 2007

 | Woodman 1983

 |  ティンバーカントリー 1992

 |   アドマイヤドン 1999

 |    アルバート 2011

 |  ヒシアケボノ 1992 560kgはGI馬として最巨漢。ビコーペガサスとの対比はいろいろおかしかった。再現するサイゲは技術の鬼。

 

Nearcoネアルコウマ娘:0頭

Nearco 1935

 Royal Charger(ロイヤルチャージャー)1942

 |Turn-to(ターントゥ)1951

 | Sir Gaylord 1959

 |  Habitat 1966

 |   スティールハート 1972

 |    ニホンピロウイナー 1980

 |     エムオーウイナー 2001

 | Nearcticニアークティック)1954

 |  Icecapade 1969

 |   Wild Again 1980

 |   ワイルドラッシュ 1994

 |    トランセンド 2006

    

Prince Rose(プリンスローズ)ウマ娘:1頭

Prince Rose1928

 Prince Chevalier(プリンスシュヴァリエ) 1943

 |CharlottesVille(シャーロッツヴィル) 1957

 | メジロサンマン 1963

 |  メジロイーグル 1975

 |   メジロパーマー 1987 アニメの垂直走りはまだ再現されていない模様。実装されたらゲラゲラ笑いながら育成すること…?

 

そのほか ウマ娘:0頭

Holy Bull 1991

 Macho Uno 1998

  ダノンレジェンド 2010

 

Monsun 1990

 ノヴェリスト 2009

種牡馬考察:ラブリーデイ、リオンディーズ、ドゥラメンテ

こんにちは、高津です。

今回は来年産駒デビューの新種牡馬から離れて、既に産駒がデビューしている種牡馬について考察していきます。

配合を大きく見た際に、近い配合と見なすことができるだろう3頭、ラブリーデイリオンディーズドゥラメンテを考察します。

 

 

概論

先に3頭の血統や繋養条件などを概観し、次に詳細な考察をしていきます。

ラブリーデイ

2010年1月30日生

初年度産駒:2018年産(登録101頭)

繋養先:日高町ブリーダーズスタリオンステーション

種付け料:受胎条件100万円(2017-2020)→120万円(2021-)

     産駒誕生時150万円(2017-2020)→170万円(2021-)

5代血統表

f:id:MakiTakatsu1990:20210804173219p:plain

出典:血統情報:5代血統表|ラブリーデイ|JBISサーチ(JBIS-Search)

牝系は英国産馬のレディチャッターを祖とする輸入牝系で、ダンスインザダークまでは社台系の輸入種牡馬が重ねられており、社台グループの築き上げたかまどから出た馬と言えます。同牝系からは'15-17 ステイヤーズSGII・T3600)のアルバートなどが出ていますが、半弟ボッケリーニは'20 中日新聞杯GIII・T2000m)を制しており、中長距離系の牝系と言えそうです。

 

リオンディーズ

2013年1月29日生

初年度産駒:2018年産(登録133頭)

繋養先:日高町ブリーダーズスタリオンステーション

種付け料:受胎条件100万円(2017)→150万円(2018)→200万円(2019)→250万円(2020)→300万円(2021-)

     産駒誕生時150万円(2017)→200万円(2018)→250万円(2019)→2020以降設定なし

5代血統表

f:id:MakiTakatsu1990:20210804173548p:plain

出典:血統情報:5代血統表|リオンディーズ|JBISサーチ(JBIS-Search)

祖母キロフプリミエールを基盤とした輸入牝系です。半兄エピファネイア('14 ジャパンカップGI・T2400などGI2勝)、半弟サートゥルナーリア('19 皐月賞GI・T2000m)のほか、おいオーソリティ('20 AR共和国杯・GII・T2500mなど重賞2勝)

が出ており、日本で確実に影響力を増しています。

 

ドゥラメンテ

2012年3月22日生

初年度産駒:2018年産(登録189頭)

5代血統表

f:id:MakiTakatsu1990:20210804172858p:plain

出典:

パロクサイドを輸入基礎牝馬とする系統です。先の2頭と同じく、社台グループが導入し、育成してきた牝系で、ダイナカールエアグルーヴアドマイヤグルーヴドゥラメンテと4代でGI級競走を制する偉業を成し遂げた、歴史と活力を兼ね備えています。

 

詳論

血統の近似性

最初にマクロ的な視点で見た際の血統構成が似ている2頭の血統表を示します。

f:id:MakiTakatsu1990:20210731223546p:plain
f:id:MakiTakatsu1990:20210731223531p:plain
リオンディーズ、右ラブリーデイの5代血統表

画像がやや小さいですが、
キングカメハメハ、母父父サンデーサイレンス、母父母父がマルゼンスキーNjinskyの親子で構成されています。笠理論においては、こういった祖父母世代8頭中5頭が同じような血統を持っている馬を近似関係と見なすようです。

しかし、母父2頭の繁殖成績を比較したとき、中央芝ではダンスインザダーク1.14、スペシャルウィーク0.97のAEI(産駒が平均的な産駒に対してどれだけ稼ぐか。1が平均)を残していますが、スペシャルウィークの中央ダートAEIは17年で平均0.88、ダンスインザダークの中央ダートAEIは20年で平均0.52と、芝ダートで満遍なく稼いだスペシャルウィークと、芝に対してダートでの成績が劣るダンスインザダークという対照的な図を描くことができます。スペシャルウィークのダート適性はBuckpasser由来と個人的には解釈しますが、母父がダートに対応しているかしていないかは、"潰し"を考えると、配合の幅を狭めてしまうのではないかと考えています。

次に、代々重ねられている種牡馬の近い2頭、ドゥラメンテラブリーデイの5代血統表を示します。

f:id:MakiTakatsu1990:20210731223527p:plain
f:id:MakiTakatsu1990:20210829184050p:plain
左はドゥラメンテ、右はラブリーデイの5代血統表

ドゥラメンテは母父サンデーサイレンスという点で他の2頭と異なります。しかし、ノーザンテーストトニービンサンデーサイレンス(の子の種牡馬)が配されているという点でラブリーデイとの共通性を見出すことができます。

 

それぞれの特色

ドゥラメンテは現状2頭の重賞・リステッド勝ち馬(タイトルホルダーアスコルターレ)を送り出しており、そのどちらともが母系に強くNorthern Dancerの影響を受けており、種牡馬の強調ポイントはそこにあるのかもしれません。

リオンディーズは父父サンデーサイレンスや母父サンデーサイレンス牝馬と容易に3×4を作れることが強みで、それは半兄のエピファネイアも同じです。

ラブリーデイNorthern Dancerの凝縮体のような血統から、配合牝馬の父か母はNorthern Dancerを持たず、トニービンの粘り強さを引き出せる配合ができれば特色となってくるでしょう。

 

以上、種牡馬考察 ラブリーデイリオンディーズドゥラメンテ編でした。